記事一覧

努力が実を結ぶ

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国分寺教室の植野です。

Yさんは、お話しするのが大好き。
また毎授業で始めと終わりの挨拶をしっかりとする、
とても礼儀正しい中3の女の子です。

昨年9月より、職業学科の受験を目標に勉強を始めました。
沢山の学習内容がある中で、どの勉強も毎回のエレファースの授業で、
真面目に取り組むことができています。
宿題も必ず学習してきて、質問も積極的にします。

また作文では、
沢山ある自分の意見をどのようにまとめていいかわからなかった
Yさんでしたが、
毎回色々なテーマに取り組んでいくうちに、
一回一回、少しずつですが、自分から言葉を選んで書けるように
なってきました。

そして、この4月、エレファースのステップ模擬を受験しました。
計算を始めとする適性検査は、最高のS評定を獲ることができました。
素晴らしい!
作文も、構文を考え、自分の意見をまとめて書くことができました。

また、学校の国語の授業のクラスが、
この4月から一番上のクラスに上がりました。
「エレファースで授業を受け、作文が上手に書けるようになった
おかげです。」
Yさん、満面の笑みです。

毎回の授業を大切に、一問ずつ丁寧に、しっかりと学習できたYさん、
一つずつ、少しずつの積み重ねが大きな力になることを、
改めて実感いたしました。
努力は必ず実を結びます。

職業学科受験に向けて、これからも一緒に勉強を頑張りましょう!



>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

K君、2時間がんばりました

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。津田沼教室の櫻井です。

その日は振替授業と合わせて2時間の授業でした。
振替の日を決めるとき、
お母さまは長い時間もつかどうか心配されましたが、
「頑張るから」というK君の言葉で決まりました。

いつものペースで70分を過ぎたころ、
「今何時?今日は何時まで?
終わる時間の針のところにシールを貼りたい。」と言うので、
教室の掛け時計に長い針と短い針のくるところにシールを貼って、
横に置いて授業を続けました。

終わる15分程前になると時計とにらめっこを始めました。
秒針が回るのを追って、長い針と短い針が少しずつ動くのを
確認しながら、しばらく黙って眺めていたので、
「今日は、長い時間頑張ったから早めに終わろうか?」
「ううん、いい。シールのところに針がくるまで。」

最後まで席を立たずに頑張りました。
頑張れたことをお母様にも褒められて満足顔です。

そして次の授業のとき、ステキな腕時計を見せてくれながら
「買ってもらったんだ。この時計はね……。」
とお話してくれました。

時刻を読みたいという良いきっかけになったようです。
分単位まで確実に読めるようにと頑張っています。


>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

”継続は力”を実感

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。津田沼教室の千山です。

「継続は力なり」という言葉を実感することがあります。
少しずつであっても、毎週毎週つづけることで、ある時、
急にぐっと伸びる様子を目にします。

小学校5年生のEちゃん。
最初は「やりたくない」と言っていた算数の問題を、
それでも毎週少しずつ取り組んでいたところ、
ある日、「少なすぎるよ、もっとたくさんできるよ」とEちゃん。

「わぁ、すごい」と講師も思わず言いました。
いつのまにか、力がついていたことに、嬉しくなりました。


>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

生活に生かせる算数

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。津田沼教室の酒巻です。

Kくんと「重さ」の復習をする場面がありました。

Kくんは、鉛筆削りを量りました。量りながら、
「うちの鉛筆削りはこれより重いよ。だから1キロくらいあるかな」と。
ご家庭で量ったところ、教室の鉛筆削りより実際重かったそうで
Kくんの予想は当たりました。

「重さ」など「量」としての数は感覚として身についていくものですが、
Kくんはこの「感覚」が少しずつ身についていったのだと感じました。

「1kg=1000g」を暗記してしまえば、そこですみます。
でも、時々身近なものの「重さ」を秤で量ったり、
教室の縦横の「長さ」を長い巻き尺で測ったりすることは
量を実感できる大切な機会だと思っています。

低学年のうちにブロックなどで数を「量」として感じる、
水などをますで量る経験も大切にしていきたいと考えています。

目で見て、持ってみて、体で感じて大小や重さが比べられることを体験し、
時が流れても「あの時,こうだったなぁ…」「あの時の勉強で
こんなことがわかった…」と、
生徒さん方が思い起こせる学習の積み重ねこそ、
生活にも生かせる算数につながると考えさせられました。



>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

毎回素晴らしい瞬間に

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。津田沼教室の堀です。

「 お名前は?」「○○です」
「何才ですか?」「○才です」
「好きな食べ物は?」「ご飯です」
などいくつかの簡単な受け答えの練習を続けているKくん。
小学校3年生になりました。

質問をする時には、答えのヒントになる動作をしながら聞いていました。
例えば年齢を指で示したり、ご飯を食べる仕草をしたり。
最近、そのヒントが無くてもしっかり答えられるようになりました。

質問を聞き取る時のKくんの真剣な眼差し…
上手に答えられた時の嬉しそうな顔は、見ているこちらが幸せに
なります。

子どもたちの表情は何かがわかるようになる喜びやそれに近づく
楽しみに満ち溢れていて、
一般的にイメージされる学習の大変さ厳しさはありません。

毎回素晴らしい瞬間に出会えることを嬉しく思います。



>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

本人がとても楽しみに

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。津田沼教室の織戸です。

4月からお教室に通っているKくん。
教室に入ってきて、元気よく挨拶をします。

体験授業で初めて会ったKくんは
初めての場所、空間、人・・・ととても緊張しているようでしたが、
授業の合間にみせる”できた!!瞬間”の笑顔がとても印象でした。

初めて描いた猫のかお。
親御さんもびっくりする程上手に描けました。
何よりKくんが楽しそうに描いたことが嬉しかったです。

体験日後、
「教室に通うことを本人がとても楽しみにしています」との
嬉しいご連絡を頂き、今現在お教室に通われています。

描画、工作、ひらがな、かず・・・、
様々なプログラムに積極的に取り組み、楽しんでいる姿が見受けられます。



>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

伝える

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国立教室の須永です。

新緑の葉桜が美しい季節です。
この葉桜の色である黄緑が”多分”好きなH君。

実は授業の中で色を使う時に、H君は黄緑を選ぶことが多いのです。
それで、「黄緑が好きなのかもしれない」と察するわけです。

このように、言葉で伝えなくても、
H君自身で意志を伝える機会を見逃さないようにしています。
また表情や動作から、感じていることや考えていることが
少しでも分かるように、注意して見ています。

嬉しい時、困っている時、どんな短い言葉でもいいから
誰かに伝えることが出来るようになればと願い、
学習の中に表現することを取り入れています。



>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

教材、食い入るように

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国立教室の對馬です。

若葉が眩しい季節になりました。

新学期を迎え、約ひと月が過ぎました。
慣れない環境の中で生徒さん方は期待と緊張の1ヵ月を過ごし、
疲れが出る頃です。
様子を見ながら、無理のないように授業を進めていきたいと思います。

教室には新しいソフト「指導の匠」が加わり、
画面の絵を見て「何をしているのかな?」等と話しをしながら、
学習を進めています。

画面を食い入るように見つめながら、学んでいく生徒さんもいます。
コミュニケーション力を高めることを課題としている生徒さんの
今後が楽しみです。

さらに、今月は図形も楽しく学べるようになりました。
生徒さん方が楽しく学べるように努めていこうと思っています。



>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

ねぎらいながら、応援

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国立教室の原です。

進学、進級された生徒さん方、ひと月が立ちました。

2年生に進級したMくんは、4月の最初の授業で
「先生、ぼく勉強頑張る!」と嬉しい宣言をしました。
これまでも頑張ってきましたが、授業のために用意したプリントが
尽きるほどハイペース。
こちらが「少し休む?」と声掛けするくらいです。

受験を決めた6年生のO君も、
春期講習から「受験生」としての自覚を口にするようになり、
頼もしい限りです。

新しく担当することになった中学3年生のFさんも、
「授業が楽しい!」と嬉しいコメントをくれました。

志望校を絞り始めた、同じく中学3年生のY君も、
予習・復習を着実に進め、
宿題もこれまで以上に頑張っています。

新年度は、環境が変わり、大人も子どもも緊張の連続です。
「頑張ろう!」という気持ちはとても大切ですが、
学校で思った以上に疲れているはずです。

「頑張れ!」という言葉は心の中にしまい、
「頑張っているね!」「頑張ったね!」とねぎらいながら、
応援していきたいと思います。




>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

かけ算、A君ひらめきました

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。越谷教室の遠藤です。

A君の今年の目標は「九九のマスター!」
現在は3の段と4の段の練習中です。
歌やプリント、カード…
様々な方法でかけ算に取り組んでいます。

工作で「桜」を作ったときのことです。
1本の枝に桜を3個ずつ貼っていき、全部で6本の枝に桜を貼りました。
「桜が3個ずつの枝が6本あるね。全部で桜は何個あるかな?
」という講師の問いに
はっ!!っとした顔をした後、
「3×6=18だ!」と答えられました。
その時の、A君のひらめいた表情に、こちらも嬉しくなりました。

ちょっとした生活の中にも、大好きな工作にも、
かけ算が隠れているのですね。
これからも引き続き、色んな角度からかけ算に触れていきましょう。

>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

ページ移動

過去ログ