記事一覧

実際に、手にとって

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。武蔵境教室の宮﨑です。

Tくんが1年生になって、2ヶ月が経とうとしています。
学校に楽しく通い、教室に着いたときの挨拶もとても明るく、
何事にも積極的に取り組むようになったTくんです。

現在はたし算を教室で勉強しています。
算数の勉強は嫌いではありません。ただ、
3+4=、3+5=・・・と数が大きくなるにつれ、
数の分だけ絵を書いても、順を追って数えることを
諦めてしまう傾向にありました。

そこで、数えられる小さな物を利用して、実際に
その物を手にとって数えながら3+4=、3+5=・・・と
進めていきました。

たし算とはどういうことなのか、自然に理解できたのでしょう。
2度、3度と繰り返すうちに「物」を使わなくても
少しずつですが、いくつか答えられるようになりました。

答えられた時は、それはうれしそうな表情を見せます。
Tくんの自信へとつながっているようです。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp