記事一覧

声を出せば出すほど

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。所沢教室の榎戸です。

F君は今、声を出すことを、とても楽しんでいます。
あいうえおの歌。モニター画面をじっと見ながら聞いています。
その後50音表を出すと、人差し指で指しながら、
一文字ずつ発声していきます。

数を数える時も同様に、指さしをしながら声を出します。
動物の鳴き声の模倣は、カードを自分で繰りながら行います

リズム造形で
短い線は「すい」、長い線は「すーい」と区別して発声することが
出来るようになった時、
動作に言語を付けることの意味と楽しさを理解した様子です。

声を出せば出すほど、音の区別が出来てきています。
名前も一音ずつ発声しますが、
最後の音は、はっきりと聞き取れるようになりました。

授業中、どの課題にも、積極的に取り組み、笑顔が絶えません。
講師もお母さまも、思わず拍手をしてしまう場面が何度もあります。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp