記事一覧

数えて遊ぶ

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。津田沼教室の酒巻です。

Kくんは最近数を数えることに夢中です。
りんごの絵が描いてあるプリント。りんごの数を数えます。
しかし数える言葉と絵を指さすタイミングがまだ合いません。
りんごの模型を使ってみると…、指さししながらいきいきと数えています。
しかも指と数唱のずれがほとんどありませんでした。

次に講師の前にりんごを5個、Kくんの前にも5個ならべ、
一緒にいち、に、さん…、やはりタイミングはバッチリ。
今度は講師とKくんのりんごを一緒にし、
「いっぱいだね〜」と言いながらまたそれを数えていく…。

それから、2枚の皿にそれぞれ4個と2個、置いてみました。
講師は4個の皿、Kくんにはあえて2個の皿の方をあげてみると…
「こっち!」と、すかさず多い方の皿と取り替えました。
「あっ、Kくんの方が多いね。いいなぁ」、
するとKくんは笑顔で「うん」と。

ちょっとした遊び感覚で具体物を使ったことで、
結果的に数を正確に数えるだけでなく、
数の大小の課題にもつながったのです。

日常の生活や遊び、大人の声かけなどから得られる新しい概念が合わさって、
数の認知の能力がだんだん培われていくものだと再認識する場面でした。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp