記事一覧

1回目、2回目、3回目…

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。武蔵境教室の久保田です。

新しい生徒さんとの授業、
1回目、生徒さんは「どんな先生かな」と思いつつ臨みます。

Kさんには、2回目に「自分でしてみて」と声をかけてみました。
Kさんはおそるおそるといった感じで手を出しました。

次には軽く声掛けするだけで自然に自分で進めていくようになりました。
回を重ね、今は講師のまでお世話をしてくれようとします。
講師が驚いて感謝の声をあげると、「ふふ~ん」と気分の良さそうな声。

まじめな小学生のKくんは最初からだまって、一生懸命勉強していました。
彼も、次第にぽろぽろと言葉を溢れさせました。
いろいろな言葉、いろいろな思い、そんなKくんの宝物を見せてもらいました。

内気で、下を向きがちだったAさんは、
困っていることを伝えられなかったようです。
「聞いて(質問して)いいんだよ」と途中で伝えました。
すると突然
「いいの?」と確認、
それからの課題の進む速さは予想をはるかに超えたものでした。

「先が知りたい、もっと知りたい、次には何が?」
そんなAさんの声ならぬ声が講師に届き、
回を重ねるごとに更に光を放ち輝きます。

                    
>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp