記事一覧

カレンダーの桜の絵

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。津田沼教室の堀です。

新生活のスタートからひと月半が経ちました。
4月は、新しい生活の中で皆さんいろいろな様子を見せてくれました。

中学を卒業したMくんとは、
4月のカレンダーに何年も描いている桜の絵を今年もまた一緒に描きました。
描きながら、去年の桜はどうだった、今年はどうだったと思いを巡らせて話をしました。

すると、Mくんは新しく始まった生活の中での不安を少しずつ口にしながら、
「先生も、僕はどうしてるかなぁって心配してた?」
「頑張ってるかなぁって思ってた?」
「そうか、先生も応援してくれてたんだね。」
と確認しながら、自分で自分を励ますようにして桜の色を丁寧に塗りました。

描き終わると、
「ああ、桜も応援してくれてるみたいだね。」と
ホッとした表情を浮かべました。そして、
「この絵を見たらそのことを思い出して頑張るよ。」
と言って元気にカレンダーを持って帰りました。

絵を描くこと、そのことが『自分自身との対話になる』、
そんな素敵な時間でした。
今日も頑張っているだろうMくんを思うと、
反対にこちらがいつも元気をもらってます



>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp