記事一覧

課題作文に挑戦!

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。八王子教室の矢口です。

K君は来年度、職業学科受験を検討している中学2年生。

計算やグラフは算数・数学として日頃より取り組まれますが、
作文はテーマや形式など、練習をしないとなかなか慣れないものです。
まずは挑戦、と書いてもらったところ、驚くべきことが起こりました。

なんとK君、テーマを確認するやいなや書き始め、
ノンストップで100字を超える解答用紙を埋め切りました。
それどころか、
「書くところが足りないんですけど、どうすればいいですか?」との言葉。
ひとまず予備の用紙に書いてもらい、充分な解答量であることを伝えました。

ただし、講師としては褒めるだけではいけません。
①指定された文字数で書くことも課題
②字は綺麗かな?
③漢字にできるところは漢字かな?

話をするとK君は一言、「今までの作文と違うね」。

そうなんです。今までとは違うんです。同じような課題でも、観点が違っています。
つまり力を入れるところ、練習すべきところ、全てが、目的を何にするかで異なるのです。

K君はすぐに気づくことができました。しかも、自分自身で気づけました。
聡明な彼なら、これからも勉強の意味を理解して進んでいけるでしょう。



>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp