記事一覧

だんごむし~昆虫へ

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※



おはようございます。相模原教室の彌田です。

初夏から盛夏に向かい、虫の絵を描くことが多くなりました。
初めて虫を描く生徒さんには、「だんごむし」。
丸と、横線、そのあと、「いち、に、いち、に、さん‥」と数えながら、
たくさんの足を描いていくのですが、
最初に描く虫としては、ぴったりな課題です。

次に、6本足の昆虫。
3本ずつ左右対称に足を描くのは、よく観察しないと難しく、
よく見ると、1本の足も、長短の3つの部分から成り立っています。
最初は、直線で6本の足を描くことから始めます。
その後、一本の足を微妙な角度で二回曲げて描けるようになると、
急に生き生きとした昆虫に変身します。

絵画展で、たくさんの昆虫の作品に出会えることを、楽しみにしています。


>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp