記事一覧

宿題、丸がいっぱい!

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。武蔵境教室の加藤です。

少し前の話になりますが、
小学2年生のKくんは、7月の夏期講習に来た時、
夏休みの宿題プリントを前に少しご機嫌ななめでした。
それでも、得意な問題を探しながら懸命に取り組んでいました。

9月初め、Kくんは丸がいっぱいの漢字ドリルを見せてくれました。
夏休みの宿題が戻ってきたのです。
ページをめくりながら、
的確にトメやハネを指し示す様子は自信にあふれています。

説明を終えると、すぐに机の教材を黙々とやり始め、
あっと言う間に算数を仕上げてしまいました。
驚く程の集中力です。

子どもにとって夏休みの宿題は重圧感がある反面、
達成感から得るものは何倍にも大きいことを実感しました。

授業のしめくくりは詩の読解です。
声色を変えながらの講師の音読に、はじける笑顔を見せてくれました。




>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp