記事一覧

少しずつ言葉に変化が

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。津田沼教室の堀です。

9月から担当することになったRくん、年中さん。
お母さまは、
Rくんがオウム返しで答えることを気にされているようでした。

まずは、じっくりRくんの観察です。
観察と言っても、
一緒に楽しむきっかけを探していくような感じです。

「Rくん、これなぁに?」と聞くと、
Rくんも「これなぁに」と答えます。
発する言葉は、繰り返しですがこちらをよく見ていて、
とても関心を持っているのがわかります。
一生懸命真似をしているという感じです。

そこで2色の絵の具を出して、
「どちらが赤?」と聞くと「どちらが赤…」と言いながら、
こちらが選ぶように促すと指で指して答えました。
ちゃんと会話の内容を理解しているんだなぁ…と
嬉しくなりました。

そこからは言葉だけではなく、
動作でもRくんの意思を伝えてもらうような問いかけ、
働きかけを増やしていきました。

すると…少しずつ彼の言葉に変化が出てきています。


>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp