記事一覧

たしざん・ひきざん、苦手?

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。武蔵境教室の伊藤です。

R君は、講師の持つ赤ペンの先をじっと見ています。
そしてすべての解答に○がつくと、ひかえめに拳を握り、
「よしっ」と、これもひかえめに声を出します。

R 君がいま取り組んでいるのは、
繰り下がりが2回もある引き算の筆算です。

講師の手元には、昨年夏の初めての授業の際、
R君が書いた自己紹介文があります。
「たしざん・ひきざん」が苦手だと書いてあります。
けれども、「よしっ」と言って笑顔を見せる現在のR君が、
「たしざん・ひきざん」が苦手だとは思えません。

講師が手にしているのは、過去のR君の自己紹介です。
R君のひかえめな笑顔は、
自己紹介は何度でも書き直すことができるものだと教えてくれます。


>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp