記事一覧

「小さな友達」

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。武蔵境教室の西岡です。

隣のブースから生徒さんと講師の朗らかな笑い声が聞こえてきました。
授業後、隣の講師に「楽しそうな声が聞こえましたよ」と伝えたところ
「(生徒さんは)小さな友達でもあるんです」との答えが返ってきました。

小さな友達。
その優しい響きに思わず頬が緩みました。

まだ小さくても、生徒さんひとり一人、対等で大切な友。
そんな響きでした。

ふと
「わたしは子どもでちいさいけれど
ちいさいわたしのこころは大きい」という
金子みすゞの詩の一節を思い出しました。

子どもの成長の可能性と、それを見守る母の愛を
感じさせてくれる詩なのですが、
「小さな友達」という言葉にも、生徒さんの成長の広がりを楽しみに待つ
大きな友(講師)のゆったりした眼差しを感じました。

以来、時々この響きを思い出しては「小さな友達」を迎える気持ちで
授業に臨んでいます。



>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp