記事一覧

Sくん、作文に取り組む

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※

おはようございます。津田沼教室の酒巻です。

ドアを開けて挨拶するや否や「今日は何を作るの?算数は?」と
毎回とても意欲的なSくん。

授業の始まりには、学校でのこと、週末の楽しい出来事など、
よくわかるようにお話をしてくれます。
その意欲的なSくんも作文となるとちょっと尻込みをしてしまいます。

思いつくけれど文がまとまらない、
事実を書くことができても「気持ち」を表す言葉が
思いつかないがために
終わりが必ず「楽しかったです」になりがちに。

そこで、話したことをポストイットに1フレーズずつ書き、
講師と一緒に時系列に沿って貼り直していくことにしました。
ちょっとした遊び感覚でこの一連の作業…

Sくんは作文の課題であることを忘れているかのように、
とても楽しそうに取り組みます。
作文のできあがり!Sくんも嬉しそうです。

また、気持ちの語彙をふやすために、
悲しいとき、嬉しいときなどに使う気持ちを表す言葉を見せ、
どの気持ちなのか、なぜそんな気持ちなのかなどを質問します。

「作文、今日もやるの?」…Sくんの表情からは、
以前のような苦手意識は感じられなくなってきました。



>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp