記事一覧

生徒さんは、”コメンター”

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。拝島教室の丸山です。

今教室では、
”コメンテーター”が張り切って様々なシーンをリポートしています。
「さあ、現場の〇〇さん、そちらの様子はいかがですか?」
とマイクをむけると
「~がーしています」
「あ、お父さんだけビールを飲んでいます。お母さんは飲んでいません。」
など、リポーター気分で、様々な返答が返ってくる生徒さんもいます。

オリジナル教材の「指導の匠」のコミュニケーションプログラムで、
さまざまな形態の学習を行っています。
「だれ が どうする」「なに を どうする」の定型の表現に慣れ、
ヒントがなくても、絵の説明ができるようになっていきます。

最近、生徒皆さんに人気なのはバスの乗り降り。
バス停でバスを待つ絵にはバスそのものは描かれていないのに、
みな一様に「バス!」と叫びます。

乗る様子、降りる様子それぞれに「バス!」なのですが、
だんだんと「バスをまつ」「バスにのる」「バスをおりる」と
言えるのです。
バスを利用するときに思い出してくれたら、と思います。


>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp