記事一覧

K君、2時間がんばりました

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。津田沼教室の櫻井です。

その日は振替授業と合わせて2時間の授業でした。
振替の日を決めるとき、
お母さまは長い時間もつかどうか心配されましたが、
「頑張るから」というK君の言葉で決まりました。

いつものペースで70分を過ぎたころ、
「今何時?今日は何時まで?
終わる時間の針のところにシールを貼りたい。」と言うので、
教室の掛け時計に長い針と短い針のくるところにシールを貼って、
横に置いて授業を続けました。

終わる15分程前になると時計とにらめっこを始めました。
秒針が回るのを追って、長い針と短い針が少しずつ動くのを
確認しながら、しばらく黙って眺めていたので、
「今日は、長い時間頑張ったから早めに終わろうか?」
「ううん、いい。シールのところに針がくるまで。」

最後まで席を立たずに頑張りました。
頑張れたことをお母様にも褒められて満足顔です。

そして次の授業のとき、ステキな腕時計を見せてくれながら
「買ってもらったんだ。この時計はね……。」
とお話してくれました。

時刻を読みたいという良いきっかけになったようです。
分単位まで確実に読めるようにと頑張っています。


>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp