記事一覧

学習って・・

・・・・・造形リトミック研究所ブログ・・・・・

このブログでは、造形リトミック教室での日々のふとした出来事や気づきを記述しています。知的障害や発達障害をもつひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※

おはようございます。造形リトミック・相模原教室講師の小出です。

「せんせい、おはようございます!」
朝一番、Sくんの元気な声が教室中に響きます。

3才のSくんは、、ドアの開いている各ブースの先生のところにひょこんと顔を見せます。「Sくん、おはよう!」みんな笑顔です。

そのあと、Sくんはあるドアの前に立ってドアノブに手をかけると、目をぱちくりさせながら私の顔を見つめます。
「Sくん、えらい!ちゃんと待てたね。入るときは、トントンするんだよね」。
Sくんがトントンしてから私がドアを開けると、私の手を引いて中からお気に入りの電車の本を持ってきて、これも満足した顔で自分のブースに入るのでした。

初めて教室に来た日、教材室に入りこの本を見つけたのです。私は次の週、教材室に入ろうとしたSくんに
「Sくん、部屋に入るときはトントンしてから入るんだよ」と言ったことを、ちゃんと覚えていてくれたのでした。

生徒さんたちは、私たちの言った言葉をスポンジのように吸収していきます。して良いこと、いけないこと、きちんとわかる言葉と動作で伝えていかなければならないことを実感します。

学習とは、数や文字だけではなく、生活につながるすべてのことを学ぶことなのですね。

http://www.zoukei-rythmique.jp