記事一覧

努力の評価を

・・・・・造形リトミック研究所ブログ・・・・・

このブログでは、造形リトミック教室での日々のふとした出来事や気づきを記述しています。知的障害や発達障害をもつひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※

おはようございます。造形リトミック・津田沼教室講師の河西です。

月初めのカレンダー制作の時のことです。N君が日付を書いている途中で、「あっ、この2、上手に書けてるね。すてきだね」と私がひと言言ったら、次の数字からそれはていねいに書きはじめました。それ以前の数字とは明らかにちがう、心のこもった数字が書かれました。その差にお母さまも驚かれていました。

たった一言で気持ちが動き、気持ちが動くことで行動が変わっていく。言葉の大切さを感じるとともに、こちらの気持ちに素直に応えてくれたNくんに感謝でした。

私を指導してくださった先生は、どんな小さなことでも良いところを見つけ、ほめてくれました。ほめられて嬉しいのは、子どもも大人も同じ。俄然またやる気が出てきました。努力の評価をいつでもしてあげられるように、小さな指先一つの動きもしっかりと見ていきたいと思っています。

http://www.zoukei-rythmique.jp