記事一覧

Aちゃんのわり算(その後)

・・・・・造形リトミック研究所ブログ・・・・・

このブログでは、造形リトミック教室での日々のふとした出来事や気づきを記述しています。知的障害や発達障害をもつひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※

おはようございます。造形リトミック・所沢教室講師の山下です。

Aちゃんは小学校3年になると同時に、こつこつとわり算を学習してきました。そして、ついにわり算が大好きになりました!

はじめはなかなか興味が持てない様子だったので、お母さまと相談の上、式と答を歌で覚えていくという方法をとりました。それも式と答をただ歌うだけではなく、赤鉛筆でマルをつけたり、シールを貼ったりしながら歌い続けました。

音感のとても良いAちゃんはすぐにメロディを覚え、そのうちに「ひとりで歌ってみたい!」と意欲を見せるようになりました。だんだんと歌声も大きくなり、顔はにこにこしてきました。大満足という様子です。

わり算をすっかり自分のものにしてしまうと、講師の説明にも落ち着いて耳を傾けるようになり、かけ算を使って解く方法がすっと受け入れられるようになりました。それからの進歩は、本当に早いものでした。

今では、文章題もどんどん解くことができます。さらに、あまりのある割り算にも自信をもって挑戦しています。Aちゃんには、歌によるアプローチがぴったりだったようです。

http://www.zoukei-rythmique.jp