記事一覧

漢字を分解

・・・・造形リトミック研究所ブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での日々のふとした出来事や気づきを記述しています。知的障害や発達障害をもつひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※

おはようございます。
発達支援教室Elephas(エレファース)・国立教室の御供です。

Hくんはこの春からの中学進学に向けて、熱心に漢字学習に取り組んでいます。目下の目標は、氏名を漢字で書けるようになることです。

ところがHくんの氏名は姓も名も画数が多く、小学校では習わない漢字もあります。それでもクラスメートがそれぞれに漢字で書いているので、書きたい気持ちは変わりません。そこでひとつの文字を細かく分けて、練習することにしました。

漢字は偏と旁に分かれているだけでなく、さらに細かいパーツに分けられます。まず、Hくんと漢字を分解してみました。

「月曜日の月が、あった」「ムだ!」。Hくんは自分の氏名の中に、既に学習した漢字やカタカナを見つけました。

「ムを書いてぇ、月を書いてぇ・・・」一度分解してから組み合わせていくことで、難しかった漢字がこちらに近づいてきてくれました。そして、ぐっと気が楽になったようです。

Hくんの目標達成も、あと一息です。がんばれ、Hくん!

http://www.zoukei-rythmique.jp