記事一覧

象の口は?

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での日々のふとした出来事や気づきを記述しています。知的障害や発達障害をもつひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※

おはようございます。
発達支援教室 Elephas(エレファース)・所沢教室の榎戸です。

象の絵を描いた際、顔の部分に口を描く生徒さんがいます。そんな時は図鑑を見て、口は正面から見えない場所にあることを説明します。横からや鼻を持ち上げている写真が載っていると、口を確認することができます。

今日は絵を描いた後に象の立体工作を使って、「象が~を食べる」の学習をしました。色々な野菜や果物を用意して、鼻の先にクリップではさみ、鼻を内側に曲げていき「パクリ」。本当に象が食事をしている様子が再現できます。

「正面から見えないから描かない」と一言で言ってしまうよりも、
「ここにあるから見えない」と体感させることで、記憶に残っていくことでしょう。何よりも、うれしそうに取り組む様子を見ることができ、講師としてもうれしい時間でした。

発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp