記事一覧

FくんとNくん

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。東中野教室の藤生です。

物知りのFくんは、歴史に詳しく、
「先生、知らないの?」と
たくさんの歴史上の人物について教えてくれます。

受験を控えているNくんは、作文の練習中にふと、
自分に辛く当たる友達に、心を痛めていることを告白。
是非合格して、自分に自信をつけてもらいたいです。

講師という立場でありながらも、時には同じ目線に立って、
生徒さん達に寄り添うことのできる存在でありたいと思います。



>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

すずめ、すずめ

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。東中野教室の田川です。


歌唱造形、クレヨンで歌いながら描いていきます。
メロディと歌詞の楽しさで、
翼や尾羽の形、体の模様、指の数まで、すっかり覚えてしまいます。

歌いながら、描きながら、みんな「すずめ」が大好きになりました。
教室の中では、太っちょだったり、おチビさんだったりの「すずめ」が
たくさん生まれています。

国語の学習では、「すずめの巣」が、
信号機や換気扇の中で見つかることもあると知り、びっくり。

姿を見かけることの少なくなった「すずめ」ですが、
きっと、「先生、すずめ見たよ。」とそのうちに報告があるはずです。



>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

雀がインコに

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。東中野教室の北本です。

今月の工作の中でも大人気は、雀です。

それぞれの生徒さんの創造の展開が素晴らしく、
茶色の基本形から、様々な色の組み合わせの小鳥が出来上がりました。
まるで南国のインコのように素敵な作品が生まれました。

「今日は、この色!!」と色違いに繰り返し工作し、
今では工程も把握してあっという間に仕上げてしまいます。

そして、蛇腹折りや切り貼りをし、
瓦屋根や雀の止まり木など、創造はとどまることなく拡がっていきます。

先日は中秋の名月を迎え、教室にお月見団子を工作し飾りました。
生徒さんの好奇心 興味は素晴らしく、
コンパスで円を描く練習をしたり、
立方体の学習へ発展したりしていきます。




>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

目標に向かって

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国立教室の對馬です。

今年はオリンピック開催の年で、
テレビでは連日日本選手の活躍を放送していました。

パラリンピックでも、日本の選手たちが頑張っていました。
メダルを取って涙する姿、メダルを逃して涙する姿と結果は様々です。

結果はどうであれ、目標に向かって頑張る姿が感動を与えてくれ、
応援したくなるのだと改めて思いました。

あの暑い夏、汗をかきながらも元気に教室に通い、
この2学期も目標に向かってがんばっている生徒さん達みんなにも
メダルをあげたいと思います。


>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

”お姫さまは優しく”

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国立教室の原です。

小学校2年生のYちゃんは、
単語カードを使って発音練習を繰り返しているところです。

発音し辛い音も、
ゆっくり言うときれいな音を出せるようになってきました。

しかし音の響きが面白いのか、
「かきくけこ」を非常に強い音で発することが前々から続いていました。

そんな時、「Yちゃん」と名前を呼ぶと
「ちがう、ちがう。△△よ!」と言うことがあったので
お母さまにお尋ねしたところ、
「お姫さまのキャラクター△△になりきっているんです。」とのこと。

次の授業の時、やはり強い口調で「かきくけこ」を発していたので、
「お姫さまはもっと優しくお話しするのよ。」と言ったとたん、
きれいな優しい「かきくけこ」が聞こえてきました。

「くつ」や「きいろ」も完璧で、仕草までお姫さまのようです。
「素敵!本物のお姫さまね!」と他の音も単語も、
優しく言えるようにとの願いを込めて、それからの授業を行っています。

お母様さまにご報告したところ、
「魔法の言葉”お姫さまは優しく”のおかげで、
家でも効果が出ています。」とのことでした。
このような素敵な魔法をもっとつかえるように、
「小さな気づき」を心がけたいと思います。


>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

「先生、お腹すいちゃってるから、食べていいよ!」

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国立教室の今村です。

小学3年生のYくんとの授業は、丁度お腹がすく時間帯で、
授業中、講師のお腹が、「ぐーーっ」となってしまいました。

あまりにも大きな音だったので、
Yくんは、自分のお腹がなったのだと思い、
慌ててお腹をおさえました。

「Yくん、先生のお腹がなっちゃったんだよ。」と言うと、
Yくんは、「先生、お腹すいちゃった?」とほんの少し心配そうな顔。

「大丈夫。」と答えると、
Yくんは安心した顔になり、直ぐに学習を再開しました。

教科学習の後、かき氷の工作をしました。
黄色の絵の具を選び、
レモンシロップのたっぷりかかったかき氷が出来上がりました。

出来上がってとっても嬉しそうなYくんに、
講師は画用紙で作っておいたスプーンをさっと取り出し、
「Yくん、冷たくておいしいよ。食べてみて。」と渡しました。

しかしYくんはスプーンを受け取っても食べる真似をせず、
かき氷のお皿に添えて講師の前に差し出しました、
「先生、お腹すいちゃってるから、食べていいよ!」と。

…お腹の会話は、もう1時間近く前のこと。
本当に優しいYくんに感心しました。

周りの人にどう接したらいいか…自ら考えて行動出来るYくん。
その素晴らしいところが伸ばしていける、
穏やかな、気持ちのいい授業をしていきたいと思います。


>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

Kくん、弟をあやす

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。武蔵境教室の丸山です。

Kくんは3才の弟さんが泣いていると、
以前はお母さまの手を引いて弟さんのところまで連れて行って
いたそうです。

先日は弟さんが泣いていたのに、
「手を引きにこないな」とお母さまが思ってらしたところ
Kくんは「見て!」と指さししながら弟さんに呼びかけ、
お手製のカードを見せていたそうです。

「ドーン ガラガラジャーン」と書かれたそのカード、
弟さんはまだ読めず、泣いています。
こんどは「Rくんは、よめません」というカードを作っていたそうです。

「ドーン ガラガラジャーン」とは
Kくんが好きなバラエティ番組の効果音だそうで、
Kくん自身は、その言葉を聞くといつも大笑いするのだそうです。
弟さんをあやそうと思って書いたのだろうとのこと。

カードを目の前に差し出したり、動きをつけて持ってくる様子は
講師に似ていたとのことでした。

伝えたいことがたくさんあるKくん。
教室ではものの説明を練習しているところです。



>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

面接練習

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国分寺教室の森です。

2学期も順調にスタートし、教室は活気に満ちています。

都立職業学科受験の生徒さんと面接練習をしました。
机と椅子を並び替え、入室するところから、
本番を想定しての練習です。

講師がいつもとは声色を変え、
「受験番号と名前を教えてください。」と声をかけると、
少し緊張した様子。

本番では平常心で臨めるよう、面接練習を繰り返します。
この期間に自信をつけて欲しいものです。



>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

文章に触れる

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国分寺教室の井上です。

国語の読解問題が苦手とおっしゃる生徒さんが多いようです。
小説をはじめ、世の中にはいろいろな文章が溢れていますが、
自分なりに味わい楽しみながら読めれば、
それで良いのではないかと個人的には思います。

しかし、ことテストに関してはそうはいかず、
正確に読むことが求められます。
物語文であれば、場面や情景、登場人物の心情について
把握しなければなりません。
説明文・論説文であれば、要旨や段落構成の把握、
また、事実なのか筆者の意見なのか区別することも大切です。

さらに、テストでは設問にいろいろな条件が付けられています。
「文章中のことばを使って書きなさい。」
「文章中からそのまま書きぬきなさい。」などです。

「え~、こういうの苦手だよ~。自由に書かせてよ~。」
ある男子生徒さんの発言です。気持ちはよくわかります。

読解問題というと、
どうしても設問にばかりに目が行ってしまう傾向があるようです。
条件を満たすように答えを導き出すだけでは、
「読解」というより「作業」になってしまいますよね。
それでは読解問題が嫌いになるのも無理はありません。

授業では、設問に取り組む前に音読か黙読をしてもらい、
わからない漢字や語句を確認しています。
さらに少しでも興味を持てるよう、内容について一緒に考えています。

「文章に触れる貴重な時間」となるような国語の授業を
今後も心がけてまいります。



>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

夏を振り返って

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。八王子教室の井坂です。

今年の夏は暑さ厳しく、大雨の日も度々ありました。
そんな中、教室にきちんと通い続けた生徒さんたち。
とても立派でした。

夏休み中は、通常授業でも夏期講習でも、
苦手なところを中心に、基礎固めをしました。

生徒さんたちが、
「前に勉強したときにはすごく難しかったのに、今はよくわかる!」
などと、自分の成長ぶりに驚くこともありました。
積み重ねが力になることを、実感する夏になったと思います。

新学期に向けて、先取り学習もしました。

実り多い秋でありますように。



>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

過去ログ