記事一覧

宿題の思い出

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。武蔵境教室の久保田です。

夏、本番。夏休みの宿題も、そろそろ佳境でしょうか。
教室に通っていらっしゃる生徒のさんのいろいろな宿題を確認しながら、
かつての自分の夏休みを思い出します。

一番気楽な宿題を最後にして、失敗したこと。
読書感想文に全八巻の小説を選び、読み終われたのが始業式だったこと。
英語の単語練習が嫌いで真っ先にしたら、2学期始めには忘れていたこと。
動くおもちゃの課題で、家族さえ何も考えつかず、何だか大変だったこと。


いつもとは違う切り口で、生徒さん方の
「へぇ〜」
「面白い!」
「もっと知りたい」
を増やして、9月の授業開始を迎えられればと思っております。


>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

英語で、🎵一週間

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。武蔵境教室の伊藤です。

音楽や歌が大好きで、英語も好きなY君。
日本語の『一週間の歌』を歌いながら、
歌詞に出てくる曜日を英語に言い換えました。

講師:「月曜日は?」 
Y君:「Monday!」
講師:「火曜日は?」 
Y君:「Tuesday!」
順調に進みます。

そして最後の歌詞「日曜日は?」 
Y君:「Sunday!」
曜日の英単語7つ、すべて言うことができました。

そして、講師の顔を覗き込みながら次の英単語を尋ね、
その日は、「お休み」「一週間」「7日」の英単語も覚えました。
Y君の学習意欲の高さに驚かされました。


>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

F君、さわやかに

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。武蔵境教室の小泉です。

中学3年生のF君は、夏期の受験対策講習で受験に向けてがんばっています。
お母様がお仕事にお出かけになった後、
カレンダーを見て講習の時間を確認し、
自転車で教室に向かいます。

先日、カレンダーには午後1時~と書かれていたのですが、
午前10時と勘違いして教室に来てしまいました。

暑い中、一度家に戻ってまた来なければならないと分かったときは、
さすがに動揺を隠せない様子でした。
でもすぐに気持ちを立て直し、「また来ます。すみませんでした」と言ったのです。

あまりに気の毒だったので、講師が謝ると、
「ちゃんと時間を見なかった僕が悪かったんです」とF君。
なんと心持の良い生徒さんかと、感動しました。

午後再度教室に来ると、「さっきはすみませんでした」と
あくまでさわやかです。
F君はお仕事に就かれても、有用な存在になって、
周りに愛されるだろうと感じました。
面接などでも、
この心持の良さを汲んでもらえたらと感じた出来事でした。


>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

すいかの工作

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。所沢教室の榎戸です。

夏になると「作りたい」とリクエストの多い、すいかの工作。
今年も、多くの生徒さんが取り組みました。

「今までで一番大きくしよう」と大きく広げたコンパスで円をかいた生徒さん。
「お母さんと半分こ。これ包丁ね」と言いながら、はさみで切り分けた生徒さん。
「いただきます」と両手で持った作品を、おいしそうに食べる真似をしたRさん。

一つの作品が、それぞれの生徒さんの思いとひらめきで、
色々なシーンへと発展していきます。

「すいかを買って帰ろう」とさよならをしたRさん。
大きな口を開けて、すいかにかぶりついている様子が目に浮かびます。

教室での学習や出来事が、一つひとつ生活の場面にとけこんでいく…
そんな授業をしていきたいと思います。


>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

授業を再考

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。所沢教室の小山です。

Sくんが、エレファースに通われるようになって半年たちました。
初めの頃は、「いったい何をさせられるのだろう。」と
不安でいっぱいだったのだろうと思います。
えんぴつが止まってしまうこともありました。
しかし、そのつど再考して、
現在は下記のようにして進めています。

今日の予定を一緒に確認して見通しを立てること。
出来る課題を出すこと。
ちょっと難しいときは悩む前に、少し手伝うこと。
最後にお楽しみ(主に工作)があること。

今では、Sくんは1時間、集中して授業に取り組んでいます。
着実に力をつけていることを実感し、
講師も一緒に授業を楽しんでいます。

>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

すらすら言えたね!

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。所沢教室の多和田です。

発音、発語の練習で、
「あ・い・う・え・お」「か・き・く・け・こ」 と
1音1音発することができても、
「あいうえお」「かきくけこ」…と
5音続けて滑らかに発することが難しいこともあります。
単語の発声も同様です。

毎回の授業で、講師の口の開け方をしっかり見て、
一音一音真似ていた生徒さんが、
突然、「あいうえお」と滑らかに発音することができました。
「かきくけこ」「さしすせそ」…も同様に。

先週までと違う発声に、思わず拍手をしてしまいました。
「凄いね。」「すらすら言えたね。」と生徒さんに伝えると、
満面の笑顔。

単語やご挨拶の言葉も、
滑らかに発声できる日がくることを信じています。

長い時間をかけても、あきらめずに続けることが結果に結びつくと、
再確認した授業の一場面でした。
                 


>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

オトシブミ~カマキリ~ファーブル

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。所沢教室の増原です。

少し前にテレビで見た、
木の葉で樽を作るオトシブミという小さな虫の話。
生き物が大好きなSくんの夏期講習の教材にしたいと思い、
ファーブル写真昆虫記を用意しました。

詳細な写真もたくさんあって、
虫好きでなくても思わず見入ってしまいます。

カマキリの話も面白かったのでこれも用意しました。
内容を問う読解問題を作成し、現在、講習の真っ最中です。
「えー、問題はなくていいですー。」という声が聞こえてきましたが…

偶然、今、Sくんは子どものカマキリを育てているそうです。
餌になる生きている虫を捕まえるのが大変だということですが、
本物の学習に勝るものはありません。

プリントをやり終えると真剣に本を読んでいたSくん。
また新たなカマキリの報告を楽しみにしています。
                 


>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

キリン、ライオン、トラ、サイ、シマウマ…

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。相模原教室の安倍です。

7月に入会した小学1年生のYくんは、
体験授業でキリンを作ったことがとても嬉しかった様子。
最初の授業の開口一番は、「ライオンも描きたい」でした。

絵描き歌にあわせてライオンを描くと、
「トラを描きたいです」
「サイを描きたいです」
「シマウマを描きたいです」 と、次々に動物の名前がでてきて、
終わりの時間になっても椅子から立とうとしません。

多摩動物園で見た動物を、順番に全部描く事を約束して、
「さようなら」をしました。

Yくんは、図画工作に苦手意識があったそうですが、
キリンが作れたことやライオンが描けたことが、
とても自信になったようです。

これからは絵画だけではなく、他の教科にも自信をもって取り組み、
毎週楽しみにお教室に来られることでしょう。
                 


>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

ブロック、大活躍!

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。相模原教室の北村です。

教室に小さなブロックが入ったかごがあります。
このブロックは授業で大活躍します。

これから10より大きな数を学ぶ、小1のYくん。
「沢山のブロック、いくつあるんだろうね?」
Yくんはあっという間に、横に10個並べたブロックを5列並べました。
「わぁ~」と喜びながら、「10が5つだから50!」と
すぐに答えることができました。

小3のHくんとも50個のブロックの数え方を考えました。
九九を覚えたので5×10列で答えを出せました。
他にも、7×7列に1を足すと50になることもやってみました。

生徒さんの学習状況に応じて、
同じブロックでも、違ったアプローチができる事を実感しています。


>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

「伝わりました!」

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。相模原教室の彌田です。

2年前から、発語の練習を続けているHくん。
ひらがな50音の幾つかの文字は、小さな声ですが、
発音することができるようになりました。
来室時はドアをノックし、自分からお辞儀をして、
「こんにちは」と言おうとします。

椅子に座り、「あいうえお」と言いながらパソコンに腕を伸ばすのは、
50音のひらがなプログラムをやりたいという意味です。
「わ、を、ん」と小さなささやきから始まり、
発語できる文字が少しずつ増え始め、
成長が見られます。

単語となると、いつも近くにいるお母さまなら分かるのに、
講師にはなかなか聞き取れません。

しかし先日、「トイレ」、といつもより大きな声が聞こえました。
講師に、初めてはっきりと、伝えることができたのです。
これからどんどんコミュニケーションが広がる可能性を示してくれました。

次はどんな言葉が聞こえてくるのか、楽しみです。


>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

過去ログ