記事一覧

柔軟な発想で

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※



おはようございます。相模原教室の安倍です。

Yくんは、教室でたくさん時間をとって、
思い通りの絵を描くことのできる、絵画展の季節を
とても楽しみに待っている、小学6年生です。

今回も、構図、配色、全て自分で考え、
とてもユニークで大胆な作品が完成しました。
規制の概念にとらわれない、彼の制作過程を見ていると、
いかに自分が固まった常識にとらわれているか、考えさせられます。

海は青、岩はこげ茶、空は水色、太陽は赤、でなくてはならない…
わけではないのですよね。

生徒さんたちの柔軟な発想に感激しているうちに、
今年も素晴らしい作品がたくさんできました。


>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

だんごむし~昆虫へ

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※



おはようございます。相模原教室の彌田です。

初夏から盛夏に向かい、虫の絵を描くことが多くなりました。
初めて虫を描く生徒さんには、「だんごむし」。
丸と、横線、そのあと、「いち、に、いち、に、さん‥」と数えながら、
たくさんの足を描いていくのですが、
最初に描く虫としては、ぴったりな課題です。

次に、6本足の昆虫。
3本ずつ左右対称に足を描くのは、よく観察しないと難しく、
よく見ると、1本の足も、長短の3つの部分から成り立っています。
最初は、直線で6本の足を描くことから始めます。
その後、一本の足を微妙な角度で二回曲げて描けるようになると、
急に生き生きとした昆虫に変身します。

絵画展で、たくさんの昆虫の作品に出会えることを、楽しみにしています。


>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

作品通して、新しい発見

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。相模原教室の小口です。

今年も、6月11、12日、絵画展が開催されます。
今年で、第3回を迎えます
毎年出品される生徒のみなさまは、
「今年の絵画展では何を描こうかなぁ」と、
とても楽しみにしていらっしゃいました。
そして、一昨年、昨年同様、一生懸命、作品制作に取り組みました。

通常の授業は学習が中心で、あまり絵を描く機会がなかった生徒さんの描画が、
とても上手で素晴らしかったこと、
今回の出品が初めての生徒さんの絵が、とても個性的で楽しい作品に描けたこと等、
新しい発見が、色々ありました。

絵画展に向けての授業は、
今まで見えなかったことや気付かなかったことを知り、
たくさんの新しい発見ができた、大変貴重な時間でした。

今後の授業の中で、是非活かしていきたいと思っております。
絵画展が盛況となることを願い、
たくさんの生徒さまの素晴らしい作品が観られることを、
とても楽しみにしております。



>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

「東照宮を見てみたい!」

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。東中野教室の田川です。

6月の絵画展に向けて、教室は作品作りの熱気につつまれました。

動物・植物・乗り物・人・建物と描きたいものがたくさんあるようです。
描き始めると、勢いよく、バランスよく、どんどん筆が進みました。
その絵のどれもが可愛いこと、立派なこと…。

写真を参考に「日光東照宮」を熱心に描いていたTくんの一言。
「あーあ。画用紙と画板もって、東照宮に行って描きたいなぁ。」

わかる、わかるその気持ち。講師も全く同じことを考えていましたから。
Tくんが丁寧に描く、屋根の上の竜や葵の紋に連なる丸瓦を見ていたら、
「東照宮を見てみたい!」と心を動かされました。


>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

ぜひ、ご来場ください

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。東中野教室の北本です。

教室では 絵画展に向けてみんながんばっています。
絵に、気持ちや思いのたけをのせ表現出来るように
それぞれの生徒さんに合わせたアプローチを考え
最大限の魅力を引き出そうと、向かいます。

生徒さんは皆、軽やかに想像を飛び越え、
去年よりも素晴らしい成長の証が絵に表れています。

十人十色とは、よく言ったもので、同じものを見ても感じ方、
捉え方はそれぞれ違い表現方法も違ってきます。

生徒さんそれぞれの趣味嗜好を、受け止めることが出来ました。
素晴らしい作品が揃いました。

ぜひ、ご来場ください。



>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

絵画展、作品制作

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国立教室の對馬です。

絵画展が近づいて、
教科学習中心の生徒さん達も勉強の傍ら作品制作に励んでいます。

それぞれに題材を決め、下書きをしていきました。
小学校高学年のSくんとYくん。
遠くのものは小さく、近くのものは大きくと大きさを変えて描いていました。

色にもこだわりを持ち、影の部分は微妙に色を変えるなど工夫も窺えます。
子どもらしい絵の中に、
色々な知恵や経験、勉強してきたことが少しずつ花開いていることを感じました。

生徒さん達が楽しそうに描いた作品は、気持ちの伝わる素敵なものとなりました。
生徒さん達の生き生きとした絵をたくさん見られる絵画展が楽しみです。



>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

大切なこの時期に

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国立教室の原です。

昨年末から担当している年長クラスのYくんは、
リズム造形が大好きです。
声を出しながら、ニコニコ顔で取り組みます。
今日はマイクでしっかり音程を取って歌いました。

最初のころ、「なかなか言葉が出ない」という課題があり、
「Yくんといろいろおしゃべりしたい」と思いつつ、
歌ったり声掛けをしたりしながら過ごしてきました。

この春、あることで「原先生、行かない!」と、初めて聞いた二語文!
その時「Yくん、原先生って言ってくれるの!」と感激したのを
覚えています。もちろん、そのあと楽しく授業をしました。

タケノコが伸びるように、会うたびにできることが増えていて、
驚かせてくれるYくん。

立ち止まったり、後戻りすることも出てくるかもしれないけれど、
たくさんのことを吸収する今大切なこの時期に、
しっかりと土台を作っていきたいと思います。



>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

「あせならい…」

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国立教室の今村です。

今月から年少のYくんを担当することになりました。
ひらがな、数字との出会いからのスタートです。

ご自宅ではひらがなの積み木を購入され、
お母さまが教えようとしても「やだ~」と逃げてしまうとのこと。

ですが教室では、
初回授業に備えYくん専用に用意したひらがなカルタが一回で気に入り、
やる気満々で取り組んでいます。

楽しく取り組むその声が、
ドア越しにお待ちいただくお母さまにも届いたようです。
「こちらでこんなに楽しく出来るなら、
家で無理にやらせようとするのをやめます。」と、お話しくださいました。

この先何年も続く学習との”出会い”。
学習が楽しいもの…と思えるように、
今、発芽し始めたその芽をつぶさないように育てていきます。
エレファースの大切にしている「あせならい…」
今は思い切り学習を楽しむことを積み重ねていきましょう。


>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

「成長したなあ…」

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。八王子教室の井坂です。

進級、進学などで環境が変わった春から、もうじき夏です。
最初はちょっとどきどきしていた生徒さんたちですが、今では、
「新しい友達ができたよ。」
「うちのクラス、個性的な子ばっかり!楽しい。」
 などと話してくれます。

その間にも、「成長したなあ」としみじみした気持ちになります。

 難しく感じていたことが、当たり前のようにわかるようになったね。
 ローマ字を覚えるところから始めて、ワードで文章を打てるまでになったね。
 勉強するのが嫌だなあと思っていたのに、
 勉強がわかるようになりたい、がんばりたいと思うようになったね。

たくましい成長ぶりに目を細めています。
気持ちが生き生きしていると、勉強もはかどります。


>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

課題作文に挑戦!

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。八王子教室の矢口です。

K君は来年度、職業学科受験を検討している中学2年生。

計算やグラフは算数・数学として日頃より取り組まれますが、
作文はテーマや形式など、練習をしないとなかなか慣れないものです。
まずは挑戦、と書いてもらったところ、驚くべきことが起こりました。

なんとK君、テーマを確認するやいなや書き始め、
ノンストップで100字を超える解答用紙を埋め切りました。
それどころか、
「書くところが足りないんですけど、どうすればいいですか?」との言葉。
ひとまず予備の用紙に書いてもらい、充分な解答量であることを伝えました。

ただし、講師としては褒めるだけではいけません。
①指定された文字数で書くことも課題
②字は綺麗かな?
③漢字にできるところは漢字かな?

話をするとK君は一言、「今までの作文と違うね」。

そうなんです。今までとは違うんです。同じような課題でも、観点が違っています。
つまり力を入れるところ、練習すべきところ、全てが、目的を何にするかで異なるのです。

K君はすぐに気づくことができました。しかも、自分自身で気づけました。
聡明な彼なら、これからも勉強の意味を理解して進んでいけるでしょう。



>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

過去ログ