記事一覧

慣れる

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。八王子教室の石塚です。

教室は、安全性を上げるため、警備保障を厚くしています。
施錠、開錠する際のアラーム音にも慣れてきて、
新しく導入されたコピー機の印刷が止まっても、
落ち着いて対処できるようになってきました。
新しいことに慣れるまで時間がかかることは当然のことです。

受け持ちの生徒さんも、
担当が長くなると、いろいろな顔を見せてくれます。

得意な問題を嬉しそうにスラスラ解く顔。
「眠たいね~。よし、もう一息!」と声を出し、
頑張って正解を出したときのにっこり。

たくさんの元気をもらっています。
こんな笑顔にこれからもたくさん出会っていきたいです。
                    

>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

頑張る芽

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようごいます。武蔵境教室の阪井です。

S君は、ゆっくりですが掛け算を覚えることが出来てきました。
そして、最近は、学校の教科書から掛け算で求める問題を選んでいます。
いろいろな問題を楽しみながら選んでいます。
今日は、円の周囲と面積を求めることに挑戦です。

「公式はわかるけど、計算が大変だな。」
と、まだ自信がありません。
九九表を見ないで一つ一つ掛け算をしていきます。
時間のかかることもあります。

今までは、途中でいたずら書きが始まってしまうのですが、
この日は、違います。
声を出しながら掛け算の答えを丁寧に探し出していきました。

そして、S君には難しい計算でしたが最後まで解くことができました。
頑張った印に,自分で「出来たよマーク」を書き、微笑みました。

講師は、その笑顔に、S君の小さな自信を感じました。
頑張る芽が、また少し成長した瞬間でした。

                    
>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

分度器、できた!

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国分寺教室の植野です。

Sさんは中学1年生。笑顔のかわいい、とても優しい女の子です。
いつも真面目に取り組んでいます。

Sさんとの分度器の練習。

角度を読む前に、まず線を引く練習からはじめました。
横にひく、斜めにひく、いろいろな角度で線をひきました。
「定規の真ん中をおさえて、定規が動かないように...」
私の声がけに、自身で気をつけながら取り組むSさん。

次に、角度を読む練習をしました。
分度器の目盛りは2方向から読める様になっているので、
まずどちらの目盛りを読むのか、そこからの練習です。
目盛りの色を変えて、違いをわかりやすくして練習しました。

そのあとは、
Sさん自身で30度を作る、60度を作る、という練習。
定規で線を引くことが上手になったSさん、
しっかりと書くことができました。

いよいよ分度器で角度を測ります。
分度器のどこに角度をあわせたらいいのか、わかりづらかったので、
分度器の0度の線と測る角度の線を重ねたり、
また分度器の中心と角度の先端に、小さいシールを貼るなどして
シールを重ねる練習をしました。

そして最後には三角形の角度を測ることができるようになりました。
中心に合わせてから、辺に合わせることを
自分一人でできるようになりました。
「できたよ!」
Sさんの笑顔は自信に満ちていました。

始めは難しかった“分度器で測る”という練習も、
細かいステップを、何週もかけて踏みながら、取り組むことで
Sさんは次第に自信をもって、主体的に分度器を扱うようになっていました。
Sさんの一つ一つの丁寧な取り組み、努力はとてもすばらしかったです。


                    
>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

漢検6級合格!

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。秋津教室の矢口です。

先日、小学4年生のHくんが、漢字検定の結果をお持ちくださいました。
夏の受験ですでに4年生修了相当の7級に合格していたHくん。
今回は、小学5年生相当の6級に挑戦していました。

漢字のハネや、はらい、
問題と解答用紙が異なる形式の練習を積み、受験した結果…

なんと! 200点満点中、194点で合格されました!

しかも、心配をしていた書きの単元では、1問を除き全て正解。
課題となっていた点を見事に克服しました。

合格証書を持つHくんはとても得意げで、いつもよりニコニコ。
嬉しい驚きでいっぱいでした。


                    

>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

好きな言葉をローマ字で

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。八王子教室の井坂です。

小3のYくんとローマ字を勉強しています。
子音と母音の組み合わせの仕組みがわかった後は、
いろいろな単語を書いたり、パソコンで打ったりして
ローマ字が定着するようにがんばっています。

宿題では、好きな言葉や文を
ローマ字表も見つつ、ひとりで書いています。
「くるまをかう」「ごきぶりたいじ」
「ちじょうは はつとうじょう」「にくばなれ」など、
大人は思いつかないような言葉が並んでいて
見せてもらうのがとても楽しみです。
そんな中に、こんな文がありました。

ゆきかきをした
ひとりで ゆきかきをやりたい

1月の大雪のときのことです。
汗びっしょりになるまで2時間も雪かきの手伝いをしたそうです。
仕事をやりとげた自信や高揚感が伝わってきて、
愛おしいような気持ちになりました。


>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

おひなさま or 野球の選手?

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。武蔵境教室の丸山です。

きのうは、ひなまつりでした。
先月から、教室でも様々なおひなさまが描かれ、作られてきました。

Kくんは、お内裏さまを、とても丁寧に描き込んでいます。
でも、冠の長い部分(立纓:りゅうえい)が描かれていません。
「Kくん、冠に長いのをつけないの?」
「ない!(これは)ヘルメット!」
自転車に乗る際のヘルメットのほうが、身近なんだろうと納得しました。

身近なお内裏さまなのだと、ほほえましく思っていたら、
彼の描く笏(しゃく)がとても長いのです。
「バットもっていくの!」
と、とても楽しそうです。

ヘルメットとバット。
このお内裏さまは、野球選手のようです。

彼が、ふだん野球をすることはないそうですが
どこかで、ヘルメットをかぶったかっこいいバッターを見たのでしょうか。
                    

>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

受験も終盤

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国分寺教室の荻野です。

受験シーズンもまもなく終盤。

受験生がすっかり板についてきたなあと思う時があります。

それは3年生になりたての頃は、
受験と聞いてもなんだかポカーンとしていた生徒さんが
受験日が近づくにつれ、本人の口から
「内申が~、倍率が~、一般が~」などと、
受験でよくいう言葉を使っているのを聞くとなんだか、
「おっ、板についてきたな」と感心してしまうことがありました。

受験生の皆さん、良い結果が出ることを祈ります。
                    

>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

いつの間に?

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。東中野教室の田川です。

まだまだ凍えるような風の冷たい日があります。
でも、いつの間にか、陽の光に春を感じるようになりました。

授業の中でも、「いつの間に?」と驚かされることがよくあります。
かけ算九九の学習を始めたFくん。
楽しみながら、2の段、5の段をしっかり覚えました。

3の段に入ったところで、
「そろそろかけ算の意味を教えなくては」と考えていると、
「先生、かけ算の答えまる見えだよ。3個ずつふえて・・・」とFくん。

図を見て、かける数が1つふえるごとに、
りんごが3個ずつ増えていることを理解できていたのですね。

「いつの間に?」の嬉しい驚きでした。

                    

>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

お地蔵さまと夕焼け

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。東中野教室の北本です。

工作でかさこ地蔵の一場面を作りました。

このお話を読み、ワークで学習してみると、
情景が明確化されお話の世界に引き込まれていきました。
Hさんは様々な登場人物を演じ、
後に控える工作をワクワクしながら学習しました。

まず、「背景の色はどうする」尋ねると、
「先生、傘をかぶせてあげたときは夕方だよ!!だから、オレンジじゃない?!」

素晴らしい!!そこまで読み込んでいるとは、
…きっと頭の中には素敵な景色がひろがっていたのですね。
お地蔵様の並び方にも工夫があり、楽しんで夕焼け色の作品が出来ました。
                    

>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

チャレンジ、あきらめない!

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国立教室の原です。

新しく担当することになった生徒さんとの授業を始める前に、
「得意なこと」「好きなことやもの」そして「できること」はじめ、
「苦手としていること」や「今後の課題」を再確認します。

その上で、「苦手としていること」も決してあきらめないようにしています。

たとえば、ハサミを使うことが苦手という生徒さん。
でも、一度試みにはさみを渡すと、とても上手に切るではありませんか。
それからは工作の幅も広がり、「もっといろいろできるのでは?」と
チャレンジを続けています。

「したことがないから」とあきらめずに、
安全に注意しながらできることを増やしていく、
できることが増えたときの生徒さんの笑顔を
もっともっと増やしていきたいと思います。
                    

>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

過去ログ