記事一覧

よく頑張ってるね

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。津田沼教室の堀です。

ある6才の男の子のことです。
幼い頃からエレファースに通われて、もう4年以上でしょうか。
これまで楽しく絵を描いたり学習したりしてきましたが、
このところ、やる気がなくなっているようすが見受けられました。

しっかりと会話ができる生徒さんなので尋ねてみると、
最初はグズグズとごまかしていましたが、
だんだんと真剣な表情になり、ポロポロと泣き始めました。
そして、彼はびっくりするようなことを話し始めました。

『どうして僕はもう二度と赤ちゃんには戻れないの?』

「どんどん大人になって、いつかはおじいちゃんになって死んでしまう。
一生懸命やっているのに、どうしてもっとしなくちゃいけないの?
大人はもっともっとたくさんやってるって…。
もう赤ちゃんに戻れないよぉ…。」

そう、苦しくなっていたのです。
学校でもご家庭でも、いろんな場面でも頑張らなければならなかったのかもしれません。
もっと勉強しなくちゃ、いい大人になれない。
じゃあ、ずっとずっと頑張り続けなければいけない。
赤ちゃんの時は楽しいだけだったのに。
そしていつかは年老いて死んでしまうなんて…。
6才とは思えないほど深い内容です。

さてこんな時、どんな言葉がかけてあげられるでしょう。
少し、悩みました。
人それぞれに考え方は違うでしょう、正解は無いかもしれません。
私は私なりに精一杯真剣に私の考えを伝えました。
その内容は生徒さんとの秘密にさせていただきますが。

すると、
「そうなんだ」と うなずき、
にっこりと笑って
『それなら 神さま大好き』と言いました。

私は神さまの話はしていませんが
きっと彼の心にそんな風に響いてくれたのでしょう。
それから、また元気に学習に取り組んでくれていて嬉しく思います。

誰でも、がんばれ〜の応援が苦しくなってしまうことがあります。
先の心配もありますが、「よく頑張ってるね」とまずは目の前の喜びに満ちた瞬間がありますように。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

授業でワクワク

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。津田沼教室の織戸です。

テレビでよく見かけるクイズ番組。
たまたまでも見かけると、賞金がもらえるわけでもないのに、
自分が参加しているかのようにテレビの前で答えたり、
間違えると悔しくなったりします。
『わかった!』『正解した‼』『あっていると思ったのに…次はわかるはず。』と
ついついのめり込んで観入ってしまいます。

Iくんもなぞなぞやクイズ、間違い探しや迷路遊びが大好きです。
ひらがなの読み方に取り組んでいたIくん。
読み方ドリルという課題を取り入れてみました。
するとIくんは課題のひらがなを一生懸命探し、
『これはなんて読むの?』と他の文字にも興味を示し始めました。

その後は単音探しから、単語探しへ。
今ではご自宅で絵本を読むことが習慣になりました。

クイズ番組に需要があるのも、子どもが学習に興味を持つことも
同じではないかと感じました。
自分で答えがわかった時に嬉しい、楽しいと感じる喜びやワクワク感が
いくつになっても共通点なのではないでしょうか。

このワクワクをもっとたくさん感じてもらえる授業をしていきたいと思います。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

コンパスでアート

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。越谷教室の遠藤です。

高校3年生のY君。
道具を使った作業が出来るようにと、コンパスの練習をしてきました。
半円を描いたり、円を描いたり、またその中を塗ったりと
さまざまに練習を重ねました。

コンパスで円を書くことは、やはり半円より難しく、初めは悪戦苦闘。
講師でも練習をしないと綺麗な円を書くことは難しいものです。
どうすれば良いだろうとコンパスを手に考え、
コンパスをより持ちやすく、より回しやすいように工夫してみました。

するとY君、綺麗でしっかりとした円を書けるようになり、
円の中に半円を重ね、素敵な模様を描くことが出来ました。
色はY君自ら、ピンクと紫の2色を選択。
その綺麗な色彩と模様から素晴らしいアート作品が仕上がりました。

綺麗で美しい物を自ら作り、見て感じることで
そこからまた何か、新しい創造が生まれることでしょう。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

工作で大笑い

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。越谷教室の中村です。

来年の干支にちなんで『サル』の造形をしました。
同じテーマ、同じ材料、同じ講師が担当しても
絵も工作も生徒さん一人一人個性が表れます。

Nくんの作ったサルは親子が手をつないだ愛情あふれる作品でした。
作っている途中、サルの体が思ったよりも太くなってしまったのをみて
「うちの母ちゃん、こんなにデブじゃないな~」と言ってハサミを入れて修正しました。
ところが、切りすぎて驚く程スリムになったのをみて
「これじゃ、ライザップだな~。」の一言に2人で大笑いしました。

Sくんのサルはメガネザル。
偶然にも教室に来る前にテレビで見ていたらしく
リアルなメガネザルが完成しました。
お母さまも作品を見るとすぐに
「今朝のメガネザルだー」とおっしゃって、
完成度の高さに感心されていました。

口の横線一本でも、色や長さ、太さによっても表情が違います。
その出来具合を生徒さんと一緒に共有できるのも楽しい時間です。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

採用通知書

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。越谷教室の西です。

Kさんは、高校2年生の時から就労のために数箇所の機関で
実習をなさっていました。
教室では、「あいさつ」「目上の人との話し方、態度」
「社会人としてのマナ-」等を必要なポイントとして学習していたところ、
先日、採用通知書を手にして来室されました。 

「来年4月から社会人としてガンバル」と笑顔でおっしゃっていました。
講師としても、春から社会に飛び立つKさんが 
一段と大人に見え嬉しく思いました。

今後、引き続き社会に接する課題を取り上げ、学習を進めていきたいと
思います。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

意思を伝える

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※



おはようございます。越谷教室の御供です。

お母さまに授業報告をしている時のことです。
Oさんは、「○○○ たんぽぽ」と自らPC入力。
何とそれは、新しいボランティアさんのお名前と
たんぽぽの丘への宿泊予定を知らせるものでした。

短いながらも「ぼくは、○○○さんとたんぽぽに行くよ。
エレファースを来週、お休みするよ」と、伝わる内容です。

この日、「おばあちゃん おじいちゃん」という入力もありました。
これまでお母さまがお祖母さまの家にいらっしゃる時、Oさんも一緒でした。
それが最近は「ぼくは、家で待ってるよ」という仕草をすることもあるとか。
「自分の意思を伝えられるようになってきました。」とお母さま。

Oさんの表現の力が、また一歩進んでいます。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

主人公は、どうしてそう思ったのですか?

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※



おはようございます。武蔵境教室の宮崎です。

Aくんは勉強に意欲的に取り組み、成績も良いのですが、
国語の物語文について、
「主人公は、どうしてそう思ったと考えますか」
というような質問についてなかなか答えられないことがありました。
登場人物の感情や心の動きを突き詰めて考えることが
なかなか難しかったのです。

Aくんは最近、どんどん身長も伸び、
一人でバス・電車に乗って教室に来られるようになったり、
大人への階段を上がり始めたのを感じさせるようになってきました。

そのAくんが、先日『詩』の読解問題をしたときに、
短い詩から作者が言わんとしている微妙な心情についての質問に
きちんと答えることができました。

大人への階段を上り始めたと同時に、
人の心の微妙な動きを少しずつ捉えられるようになってきたことを
お母さまも大変 喜んでいらっしゃいました。

これまでにも、他人に興味がなかったわけではありません。
ただ、理解し、推察し、想像し、言語化することが難しかったのですが、
それが出来るようになってきたのです。

個別指導により生徒さん方の成長する過程を具体的に知ることができ、
そのたび、大変うれしく思っています。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

あきらめないで

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※



おはようございます。 武蔵境教室の阪井です。

受験生のMさんは、
学校では控えめで自分の意見を言うことはあまりなかったそうですが、
この教室では笑顔でよく話をしてくれていました。

2学期の初めに、学校のみんなの前で原稿無しで発表をする授業で、
初めて話すことができました。
エレファースで、文を見ないで答える面接の練習をしていたので、
やってみる自信ができたそうです。
それを聞いて嬉しかったのですが、
さらに驚いたのは、合唱祭の全体指揮に立候補したことです。

結果的には、指揮は他の人がすることになったのですが、
Mさんは今までと違う自分に気付き始めた様子です。

「高校に入ったら、文化祭委員をやってみたい。」と
新たな目標ができました。
きっとできると思います。
あきらめないで、自信をもっていきましょう。

>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

「先生、勉強はじめよう!」

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※



おはようございます。国分寺教室の植野です。

「先生、勉強はじめよう!」
お教室にくると、いつも元気に声をかけてくるのは
小学校2年生のNくん。

Nくんは九九の歌が大好きで、九九をしっかり覚えることができました。

ある時、
「12かける4は…何?」とNくん。
掛け算を覚えたばかりで、まだ少し早いかなと思いながら筆算の仕方を説明しました。

その後に、12の段の歌をいつもと同じメロディーで講師が歌ってみました。
「12かける4は」 「48!」

何気なく、講師が続いて歌で「12かける3は?」
するとNくん、しばし考えてから「36!」

答えられたNくんに、嬉しい驚きでした。頭の中で、筆算をしていたのです。

それから12の段を講師がゆっくり歌いながら続いて質問していくと、
Nくんは一所懸命考えながら、正しく答えました。

12の段ができたNくんの計算力は本当に素晴らしいなと思うと共に、
Nくんがしっかりと掛け算の概念をわかって12の段に取り組めていたこと、
また歌唱の力が、Nくんのやる気と力を引き出したことが
とてもよくわかりました。

それからNくんは、大好きな九九の歌で講師と一緒に繰り返し
12の段の歌唱をしながら
自然に12の段が言えるようになってきました。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

ほんの少しの家庭学習で

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※



おはようございます。武蔵境教室の小泉です。

Nくんと時計を使っての5とびの数の学習から、
九九の学習に入りました。

最初は少しずつ覚えていたのですが、お母さまに、
可能ならご家庭でもお風呂で唱えたり、練習できるといいですね、
とお伝えしました。

すると、3週目に5の段だけでなく、2の段もほぼ覚え、
3の段も途中まで言えるようになりました。

これまでNくんとはブロックを使ったり、独自メソッドで補数の学習など、
様々な数の学習をしてきました。

導入や考え方を把握させる教室での授業に加え、
たとえ数分でもご家庭での日々の学習を合わせると
大きな効果があることを実感させられました。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

過去ログ