記事一覧

漢字、楽しくなっちゃった

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※



おはようございます。秋津教室の矢口です。

先日の授業で、小学校4年生のTくんのお母さまから
嬉しいお話がありました。

今まで鋭角に曲がる文字を書くことが課題で、
イライラしてしまうことが多くありました。
そこで、鋭角な部分に丸をつけたり、
曲がるところだけマーカーを引いたり。
漢字そのものを書かずに、様々たくさん練習をこなしたところ、
書字が丁寧になり、漢字テストで減点されなくなったそうです。

それはスゴい、とTくんと話をすると、
宿題のプリントを得意気に出してくれました。
塗りつぶしたように書かれたところはどうしたのか尋ねてみると、
照れくさそうに
「漢字をたくさん書いてたら、楽しくなっちゃった」とのこと。

漢字を書くことを楽しいと思うようになったことは、彼にとって大躍進。
次はどんな顔で何を報告してくれるか楽しみです。




>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

少し改まって

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※



おはようございます。八王子教室の井坂です。

Aさんは、笑顔の素敵な女の子です。
学校であったことなどを、生き生きとあふれんばかりに話してくれます。

面接の練習をしたときのことです。
ノックするところから始めようかと提案すると
Aさんは「できるかなあ。」とはにかみながら席を立ちました。

しきりの壁をコンコンとノックする音に
「はい。どうぞ。」と講師が答えると、
「失礼します。」とAさんが登場しました。
晴れ着のお披露目をしているような、初々しい表情です。

講師の質問にも、
少し身を乗り出すくらい真剣に耳を傾け、
心をこめて答えました。
雑談している時とは違い、言葉を選びながら、
講師の聞きたいことにきちんと応えようとしているのです。

Aさんがとても大事にやりとりするので、
講師は、心底うれしくなってきました。
すると、Aさんも、ますますいい笑顔になってきて、
幸せなひとときになりました。

少し改まった気持ちになるのはいいことですね。
すがすがしい気持ちになりました。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

試験本番

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※



おはようございます。秋津教室の山下です

先日の授業で生徒さんが
「もうすぐ受験勉強も終わりだぁ!」ととても嬉しそうに言いました。

本当にみな、頑張ってきました。
都立職業学科受験の中3にとっては今月末がいよいよ本番の試験です。
それが終われば一段落。

良い結果が出るのがいいに越したことはありませんが、
これまで頑張ってきた生徒さんたちの努力が報われ、
彼らが解放されるのだと考えると
教える側としても何か感慨深いげなものがあります。

早く心から言ってあげたいものです。「お疲れ様」と。




>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

自分を動物に例えると?

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※



おはようございます。国分寺教室の荻野です。
先日、職業学科対応の模試試験がありました。

面接では皆さん、
最初の試験の時と比べ自信を持って質問に答えていました。
志望動機や頑張ったこと、頑張りたいことなど…
何度も練習してきたんだなというのが伝わります。

そこで「自分を動物に例えると?」と少し面白い質問すると
皆困惑した顔で一生懸命ウーンと考え込み答えました。

「ライオンです。元気だからです。」
「カメです。一生懸命コツコツ努力するからです。」

皆さんよく考えそれぞれの答えがあって面白いなと思いました。
しっかり質問を聞いて、
慌てないで答えを考えられるようになりました。

受験生の皆さんそれぞれ持っている良いところを
本番の面接でもいつも通り出せれば良いなと思います。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

先生の声が

のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※



おはようございます。拝島教室の丸山です。

個別での日々の授業。集団での直前講習。
受験対策は、受験生ごとに異なります。

Tくんは、作文は比較的早く成果がでました。
お金の計算や、時計の計算などの必須の分野についても
手ごたえを感じてきた様子です。

「初めはさあ、『わかんない問題は嫌だなあ』って思ったんだけど
 今はさあ、違うんだよ。
 模試でも『どう解くんだっけ?ここは引けないから~』って
 俺じゃなくて、先生の声が頭の中で聞こえるの。
 『60借りてきて~』って言うからさ、自分でできちゃうの」

教室では、歌に合わせて絵を描いたり
歌に合わせて九九を覚える生徒さんが多くいらっしゃいます。
T君の場合は歌ではありませんが
解き方がリズムになって彼の頭に残って、彼の手を導いたなら、
こんなにうれしいことはありません。

どうか本番で、実力が発揮できますように。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

時間を意識

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※



おはようございます。国立教室の髙松です。

高校1年生のD君。
あいさつに始まり、書字や絵画など全てにおいてとても丁寧です。
自分のペースでゆっくりと進めるため、やや時間もかかります。

高校生になり、学校で時間を意識して行動しているとのことを
親御さんからお聞きしました。

「早く!」「急いで!」というと焦ってしまいますが、
「あと3分。」や「○分までにやろう。」と具体的な時間を示すと、
段々と時間を意識することができるようになってきました。

先日の校内実習ではライン作業を行い、
グループのペースを崩さないように自分の持ち場を担当することが
できたそうです。

具体的な時間を意識することで、
はやく行動することを肯定的に受け止めつつあります。
将来の進路選択おいても、必ず役に立つでしょう。
授業でも、ゆったりと行うところ、時間を意識するところを作り
メリハリをつけていきたいと思います。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

やる気出てくる!

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※



おはようございます。東中野教室の田川です。

Sくんの晴れない顔で始まったある日の授業。
講師はこの日、Sくんが興味を持ち始めた漢字の学習を楽しめるようにと
張り切って教材準備をしていたのでした。

工夫して作った偏とつくりカードやプリントにも乗り気でない様子です。
「やる気が出ないけどやらなきゃっていう時、
 Sくんはいつもどうしてる?」と尋ねる講師に、
「先生は?」とすかさず返されました。

「頑張れ!頑張れ!って自分で自分を励ます。」
「僕はね、怒るんだ。怒って怒りまくっているうちにやる気出てくる。」
ドキッとする講師の顔を見て、やっと笑顔になったSくんでした。

あの日から一月あまり。近頃では挨拶が済むと
「まず漢字の勉強から始めましょうか。」と言うSくんとの授業、
講師も毎回楽しみにしています。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

もう平気だよ

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※



おはようございます。東中野教室の北本です。

先月ご入会されたRくん、
授業の時に新しく出来るようになったことを教えてくれます。

「最初は高いところ怖かったけど、階段怖くなくなったよ。」
「あら、階段昇るの大変だったね。教室に来るのもう大丈夫?」
「楽しくなったから、もう平気だよ」
「絵嫌いだったけど、最近楽しくなったよ。」

お母さまからは、
「絵の具セット家でも買いました。自分から色々描いています。」
と嬉しいご報告がありました。

祭日で授業がないときは、
「寂しかったよ。冬休みはたくさん授業出来るよね」。

Rくんは、様々な状況を楽しむことを覚えたようです。
不安や恐怖感があったり、自信のないときに、
自分の心の保ち方に気づいたようです。

11月は進路において様々な岐路に立ち、そういう場面に遭遇しますが、
どうか思い出だしてください、楽しんでいる自分を。
すると不思議と成功します。




>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

思い出が息づく

療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※



おはようございます。国立教室の清水です。

生徒さんとの会話で一番楽しい話題といえば、
その生徒さんの好きな事、興味がある事についてです。
こちらの予想外な事柄に興味を持っていることも多々あり、面白いです。

生徒さん本人や親御さんから具体的に話を伺うと、
やはり、実際に行った場所、見た物を好きになることが多いようです。
好きなことや興味がある事の奥に、
その子の大切な思い出が息づいているのだなと感じます。

講師としては、好きなことに関連することを取り上げて、
知識を深めたり、ちょっと広げたりして、
大事な思い出をより彩っていけたらいいなと思います。




>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

分数、身近なもので考える

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※



おはようございます。国立教室の山口です。

分数の学習に取り組みはじめた小学生のSくん。
カットされたピザの絵を見ながらその理解を進めていたところ、

「ピザの半分って、2つに分けたうちの一つだから2分の1。
 4つに分けたうちの一つだと4分の1か。
 ん~、そうすると、2分の1のピザを2つ食べても、
 4分の1のピザを4つ食べるのも同じ1枚か。
 2分の2も4分の4も8分の8も、ぜ~んぶ同じ1(枚分)に
 なるのか。おもしろいネ」

そうなのです。
分数は、ものの量(この場合はピザ)や数の”割合”を理解し表します。
それを面白いと感じたSくん。

次回も身近なものを使って、面白いと感じられるように長さやかさなどについて
分数で考え表してみましょう。
楽しみにしています。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

過去ログ