記事一覧

初めて見ました!

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※



おはようございます。国立教室の今村です。

先日の体験授業でのこと。
小学2年生の生徒さんです。
学校でもご自宅でも、「めんどくさい」と言って、
字を書きたがらないと聞いていました。

三角形、四角形の学習をしました。
三角形か四角形か記入して答える問題です。
「角形は先生が書いておくから、三か四かだけ書いてみてね。」と言うと、
解答欄にペンでサッと書いてしまいました。

すると、次の問題は「全部自分で書く!」と「三角形」「四角形」と6回も書き、
更にプリントを1枚全て書き込みました。
算数の前に国語のプログラムを十分楽しむことが出来、
講師とのコミュニケーションがとれ、気持ちがアップしていたからだと思います。

体験授業後、お母さまから
「この子が、こんなに出来る子だとは思っていませんでした。
 こんなにきれいに書いた字も、初めて見ました。」
そして、「すごい、すごい、全部よくできたね。」と声をかけられました。
お母様に褒められて、生徒さんも本当に嬉しそうでした。

体験授業でのこうしたシーンは、講師としても嬉しさがこみ上げてきます。
Elephasとの出会いが生徒さんにとってかけがえのないものになれるように・・・と思います。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

教える立場

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※



おはようございます。国立教室の渡邉です。

スケジュールの変更で金曜から土曜に授業が移った小4のTくん。
そのせいか、時間15分過ぎても現れません。
自宅に電話したところ、
本人が出、「忘れてた!」と叫ぶと同時に電話を切り、5分後。

教室のドアを開けた途端、ギャー、叫びながら入って来ました。
まじめで誠実な彼は、自分に腹を立てていたのでしょう。

「間違いは誰にだってあるよ。
 気付いたところ走ってカバーしようとして、偉かったと思うよ」と言いました。

それからしばらくして、彼は落ち着きを取り戻しました。

が、あとで考えると、講師は注意するべきだったのかも。
少なくとも、理由を聞き、
遅れたことについて謝る場を与えた方が良かったのでは、と思いました。
謝ることで、真面目な彼は、自分を責め過ぎずに済んだのではないか。

教える立場にいることの責任と難しさを考えさせられたことでした。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

年賀状作り

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※



おはようございます。所沢教室の榎戸です。

年賀状の作成に取り組んでいます。
来年の干支はさる。
大きな顔のさる。尻尾の長いさるなど、様々なさるが出来ました。

今年、ひらがなを小さく書く事に取り組んだМくんは、
左右の耳に「さ」「る」と書き入れました。
数字が上手になったNくんは、2016。
漢字で曜日が書けるようになったK君は、漢字で「申」。

お正月、届いた年賀状を見て、微笑んでいただけるように
生徒さんお一人お一人らしさを葉書に詰め込んでいます。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

二行日記へ

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。所沢教室の小山です。

先月、高校3年生のHさんが、一行日記に取り組んでいることを
お話ししました。
沢山の予定があった夏休み、運動会など一通りの行事を終え、
今は平穏な日常生活が続いています。

となると、毎日書くことも、限られ 同じ内容が、続きました。
そこで、一行日記を二行にして、
その時の気持ちをプラスして書くように提案してみました。

「楽しかったです。」以外の表し方を
これから沢山学んでいきたいと思っています。

それと同時に、昨日と同じ日常を今日も送ることが出来たことに、
感謝したいなと、改めて思いました。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

音読

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。所沢教室の多和田です。

芸術の秋、読書の秋ですね。
子どもの頃に教科書を読むことをしっかり身に付けることが、
後々の本への興味に繋がるという話もあります。

毎回授業でプリントや教科書をしっかり両手で持って、
音読の練習をする生徒さんがいます。
長文をすらすら読めるようになったり、
登場人物の言葉を感情を込めて読んだり…と
嬉しい変化が見られるようになりました。

エレファースでは教科書をそのまま使うだけでなく、
一部を抜粋したり、パソコンを活用したりと、
それぞれの生徒さんに合った方法で音読に取り組んでいます。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

見守る

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。所沢教室の増原です。

パソコンのtabキーを使って表の中に日付を入れ、カレンダーを作ります。
左手でtabを、右手で数字を押すように指導しても、
全て右手を使って入力してしまうことがあります。

声をかけた直後は左手を使っていても、
やはり普段使い慣れている右手の方がやりやすいのでしょうか。
でもせっかく楽しんで作っているので、見守ることにしています。

回数を重ねていると左手を使った方がやりやすいことに気が付き、
自然と両手を使うようになることがあるからです。

また、図鑑の索引を引くのも慣れが必要で、
頭文字はすぐに見つけられてもその先が少し難しいようです。
途中からいつも講師が手伝い、
ページを開く際も 48ページと84ページを間違えていた生徒さんが、
ある日ひとりでスムーズに索引を引き、
正しいページを開いていたことがありました。

正確なプロセスを学ぶことはとても大切ですが、
意欲を摘み取ることのないよう、
少し長い目で見守っていきます。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

得意なことたくさん

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。相模原教室の安倍です。

先月運動会の時期には、授業の合間には運動会の話になりました。

「かけっこ、2番だったよ。」
「リレー選手の補欠だったよ。」嬉しそうに教えてくれます。
でも、中には、
「運動会は嫌い」「とてもつまらなかった」と、
曇り顔の生徒さんもいました。

かけっこの順位が良くなかった、という理由です。
かけっこは、短時間で、はっきり順位が決まってしまいます。
他の競技がどんなに楽しくても、
かけっこ次第で、今年の運動会がよかったか、悪かったか、
が決まってしまうのですね。

とてもデリケートに結果を受け止めていて、
運動会が終わって、数週たっても、ひきずっている様子でした。
「でも他にたくさん得意なことあるよね?」と声をかけると、
「あるよ!エレファースのお勉強!」と元気よく答えてくれました。

みんな、エレファースで一生懸命頑張っています。
たくさん自信をつけて、頑張っていこうね。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

びみょうな表現

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。相模原教室の北村です。

年長さんのYくんとは、3才の頃からのお付き合いです。

毎回授業の始め、挨拶が終わったら、お天気の話をします。
「今日お外はどんなお天気でしたか?」
「晴れでした。」

雲の広がった空だったので、
講師としては、「くもり」の答えを期待していたのですが…。
当時のYくんの認識では雨が降っていないことが、
「晴れ」だったようです。

別の日、午前中に雨が降った日がありました。
「さっき、雨が降ってたね。」
「さっき、降ってないよ」、意見が合いません。
講師の「さっき」は数時間の意味でしたが、
Yくんの「さっき」は数分前のことのようでした。

微妙な表現を理解するって難しいですね。
決して、間違いではないけれど、
日本語にはいろんな表現があって、奥が深いです。
沢山の言葉に触れて、
語彙が増えていくといいなと願いながら授業をしています。

先週の授業の日は曇り。Yくんにお天気を尋ねたら、
「くもり!」

とても嬉しいひと時でした。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

歌いながら、お話ししながら

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。相模原教室の彌田です。

Tくんと歌唱造形「かめ」を歌いながら、絵を描きました。
「亀の上に亀を乗せるんだ」など話がどんどん広がりました。
「帽子をかぶせる」「リボンもつけるよ」と楽しそうです。

お母さんの亀にぴったりくっついた赤ちゃん亀も描き、
亀の家族のお散歩の絵になりました。

背景は、スポンジを使って、絵の具でトントンすることにしました。
すると、Tくん自ら、「とんとんとんとん」と歌い始めました。

いつもは、のりが手につくと気になるTくん。
その日は、絵の具がついても、平気です。
手が汚れても集中して描くことができたというこの日の経験は、
これからの創作に生かされていくと思います。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

私の『3つのM』

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。相模原教室の小口です。

講師として私には、『3つのM』があります。
それは、”見つける 見逃さない 見過ごさない” です。

M-1 好きなこと、楽しいこと、興味のあること、
    何でも見つけ、自信を持って、どんどん力を伸ばせるようにする。
M-2 学習、行動、生活において、
    常に、様子をよく観て、どんな変化も見逃さない 。
M-3 気付いたら、直ぐに対応し見過ごさない。
    問題、課題を後回しにしない。

そして、どのMにおいても、生徒さんおひとりおひとり、
お母さま、お父さまを始め、お教室に通われて来られるすべての方に、
丁寧に誠意を持って。

これを、常に頭に置いて実践しています。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

過去ログ