記事一覧

『ひまわり畑を歩く恐竜』

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国立教室の清水です。

先日、久しぶりにKくんの授業を受け持ちました。
まず、児童画展の絵を描き始めました。
Kくんは元々、恐竜やライオンなど、ワイルド系が好きなタイプです。
しかし最近は何が好きかを聞いてみると、
「花かな」という意外にも風流な答えが返ってきました。

彼のリクエストにより、ひまわり畑を描くことになりました。
画用紙の下半分をひまわりで埋め尽くし、
遠くの地平線までひまわり畑がつづく綺麗な風景です。

じゃあ上半分はどうするのかな?と思っていたら、
「おれ恐竜が得意だから恐竜にしよう」ということで、
やはり恐竜に落ち着きました。

『ひまわり畑を歩く恐竜』。
とても自由で面白いと思います。完成が楽しみです。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

湧き出る想像力

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国立教室の山口です。

描画や工作が大好きなYくんは、
「今日は、城の絵を描くからね」と、元気に教室に入ってきました。

歌唱造形のリズムに合わせて城を描き進めていると、
「そうだ!満月の夜空の城の上には竜が飛び、
月は、雲がかかっているから色はグレー。
 それに、光っているから金色も銀色も混ぜてみよう。
 あっ!それから、城の周りにはヤリを持つサムライと
 馬にまたがった殿様だ」
と、泉のごとく湧き出てくる彼の想像力で、
白い画用紙にはあっという間に幻想的な世界が描き広がりました。

彼の想像力の深さと広がりに感心させられます。
次の授業では何を描くのか、Yくん楽しみにしています。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

漢字、黙々と

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国立教室の今村です。

『1学期に学んだ漢字50文字を覚えてくる』という夏休みの宿題に
4年生のTくんと取り組みました。
「漢字の書きは、本人の負担になるので・・」とのお母さまの言葉から、
読み方を中心に学習してきたTくんでしたが、
4年生になり、今までの夏休みとはやる気が全く違います。

講師も、この漢字の課題でTくんの記憶力、書く力を試してみようと
思いました。
まず、課題の50文字全てを一度書いて、提出物としては終わらせる。
意味が分かり、形も書き易かった漢字15文字をTくんと選び、カードにして読みを完璧に。
次に、書き順に言葉を付けて書いて覚える。

15文字全部読めた。3日後、いくつ覚えているか。
全部書けた。翌日、いくつ覚えているか。
全てデータをとりました。

最初に選んだ15文字のテストをする時、
「お母さんに部屋に入って、テストしているところを見てもらおうか。」と
講師が提案すると、
「うん、そうする。でも、ちょっと待って。」と
最後の見直しをするTくん。
初めての姿です。

お母さまの目の前で黙々と書き終え全問正解。
お母さまは目頭を押さえて、「Tくん!すごい!」と褒めて下さいました。
Tくん、また一つ自信をつけました。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

物語を体現して

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国立教室の髙松です。

夏からこの秋にかけて、
5年生のY君と「大造じいさんとガン」を読みました。

5年生の物語文にもなると、ページ数もぐっと増え、
読むだけでたくさんの時間がかかります。

何度か一緒に読んで流れはつかんだようですが、
もっとこのお話に親しんでほしいと思い、
人形劇風に学習を進めていくことにしました。

といっても人形はありませんので、教科書の絵を使おうと思いましたが、
「消しゴムが大造じいさんで、ボールペンが残雪(ガンのリーダー)、
鉛筆はハヤブサ…。」と、
身近にあるものでY君がどんどん配役を決めていきました。

もともと想像力豊かで物語文が大好きなので、
登場人物が目に見える形で見えなくてもY君の頭の中には
全員が浮かんでいるようでした。

お気に入りのシーンは、残雪とハヤブサの闘い。
講師がその個所を読み上げると、
2羽が飛ぶ音や、残雪の胸から血が出る音まで再現しながら、
本当に楽しそうに鉛筆やペンを動かしていきます。

そのうちに今度は自分でせりふを言いながら動かすようになりました。

最後に問題を解くと、いつもはあまり得意ではない気持ちや読み取る問題や、
自分の考えを書く問題にも積極的に取り組みました。

物語を体感することがY君の思考と表現につながり、
講師としてもうれしく思いました。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

特別な十五夜

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。東中野教室の田川です。

暑さのきびしかった夏も終わり、
いつの間にか、秋の虫の音を聞く季節になりました。
実りの秋です。

9月は、収穫に感謝して十五夜にお供えものをする
「お月見」について学習しました。
「秋の七草」の名前、「月見だんご」は15個積み上げること、
「すすき」は神様の降りてくる目印になることなど。

大好評だった「お月見だんご」や「もちつきをするうさぎ」の
かわいい工作も教室をすっかり「お月見」ムードに盛り上げてくれました。

9月27日。今年は特別な十五夜になりました。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

すべて丸

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。所沢教室の榎戸です。

今月は「まる」が大活躍でした。

クレヨンで描いた沢山のまる。おいしそうなぶどうになりました。
はさみで切った大きなまる。満月になりました。
はさみで切った小さなまる。月見団子が出来ました。

短冊に切った色画用紙。くるりと丸めてホチキスで止めると、
立体のぶどうです。
紙粘土を手のひらでくるくる丸めると、
本物そっくりのお団子の出来上がり。

すべてて違いますが すべて丸です。
作業を伴っての言葉の学習。
大切にしたい時間です。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

自分の言葉で

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。所沢教室の小山です。

Hさんは、一行日記に取り組んでいます。
夏休みは旅行やお出かけが多く、
楽しい出来事をたくさん書いてきました。

おばあちゃんの家に遊びに行ったこと。
飛行機に乗ったこと。
ホテルから見た景色が、きれいだったこと。
温泉に、肌がつるつるになるまで入ったこと。
台風の影響で、飛行場のロビーで待っていたこと、等々。

一行日記を見返しながら、
旅行中の出来ごとを、詳しく話してくれました。
高校3年生、学生最後の夏の思い出が、自分の言葉で記録されました。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

おうちでも毎日

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。所沢教室の多和田です。

Мくんはとても元気な男の子です。
入室する時はいつも大きな声で「こんにちは」と挨拶をして、
しっかり授業に向かいます。

夏休み期間も頑張りました。
書字の集中力が高まり、語彙数も増えてきました。
おうちでも本読みや計算練習を毎日行っています。

帰りには「さようなら」と可愛くお辞儀をする、
ご挨拶のとても上手な小学一年生です。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

何事もなかったように

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。所沢教室の増原です。

長く通っていらっしゃる多くの生徒さん方。
時には普段と少し違う様子で来室されることもあります。
少し元気がなかったり、いらいらしていたり、落ち着きがなかったり…

そんな時もあえて何事もなかったように授業を進めていくと、
自ら気分がすぐれない理由を話し始め、
話すことでいつもの落ち着きを取り戻していきます。

会話が上手くできない生徒さんは、
たくさんの耳慣れた歌を一緒に歌うことで
いつの間にか気持ちがリセットされていくようです。

多くの言葉を投げかけるより、
それぞれの思いを自由に表現できる雰囲気を大切にし、
その時々の気持ちに寄り添っていければと思います。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

夏をふり返って

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。相模原教室の安倍です。

今年の夏は、本当に暑かったですね。
「午前中、部活だったよ。熱中症になりそうだった。」
「さっきまで、学校の課題で出かけてました。」
「夏祭りの準備、終わらせてからきたよ。」
「街の夏祭りのイベントに参加して、そのまま来ました。」など、
皆さん、しっかり夏休みの課題や行事に取り組みながらも、
エレファースには、一日も休まず通ってこられました。

生徒さんにとって、
エレファースでの時間がとても大切なものであることを実感した夏でした。

そして2学期、どの生徒さんも良いスタートが出来ました。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

過去ログ