記事一覧

頑張る光景

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。秋津教室の山下です。

まだ残暑の続く今日この頃ですが、
甲子園では全国高等学校野球選手権大会も無事終了。

一方エレファースでは、
受験生をはじめとする生徒さんの熱い取り組みが行われている最中です。

どちらも熱心に頑張る光景です。

講師も生徒みなさんの頑張れる力と向き合い、指導に取り組んいます。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

学校の先生に感謝していることは?

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。東中野教室の田川です。

連日の猛暑の中を、
遠方から1時間かけて夏期講習に通っていらっしゃる中3のSくん。

その日の作文のテーマは、
「学校の先生に感謝していることは何ですか。」でした。
Sくんはテーマを見て大きく頷くと、
講師の説明を聞くのももどかしい様子で書き始めました。

「○○中学校の○○先生です。」
「知らないことをたくさん教えてもらいました。」と、
迷いなくどんどん書き進めていきます。

「○○先生はどんなことを教えてくださったの?」と講師が質問すると、
「敬語の使い方とか、こんなときはどうしたらいいかとか、
 あと6年後、社会人になった時、役立つことです。」
原稿用紙に書き込みました。

あと6年後?そうか!Sくんは20歳になって社会人になり、
○○先生に教えてもらったことが、きっとその時役に立つことに、
大きな希望を持ったのですね。

「いい先生に出会えて本当に良かったね。」と喜ぶ講師に、
「俺はいい先生に会えて運が良かった。」
とSくんも笑顔で答えてくれました。

昼下がりの暑さの中を爽やかに帰ってゆくSくんから、
講師も課題と希望をもらいました。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

夏休みも、がんばっています!

・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。東中野教室の北本です。

夏休み中、
一学期の弱点強化や生活態勢の保持、進学に向けての学習、
と目標は様々ですが生徒さんみなさん、がんばっています。
50音の完成、10の合成と分解、名前書字など、
毎回繰り返す積み重ねが大切なことばかりです。

繰り返しは、時に成長が見えず、飽きてしまいそうになりますが、
毎回、それぞれの生徒さんが大好きなもの、興味のあるものを用いて
工夫し変化のある学習課題を用意しています。 
大好きなものは、気持ちを高め 探究心を育てます。

Yちゃんは、2時間続けての学習の中で集中力を高め、
楽しみながら弱点の補強をし、自信を取り戻しています。

Nちゃんは、夏休みの間に50音が言えるようになりました。

Kくんは、10の合成分解をマスターしました。 

Sくんは、1学期の復習で、「なーんだ。そうだったのか!」と
理解が進み、応用問題にトライし始め、弱点の克服が一つ進みました。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

読み取る

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国立教室の渡邉です。

小4のYくん。週2日を二人の講師で担当しています。
もう一人の担当講師が国語の教科書から『ひとつの花』を
とりあげた時のことです。
Yくんは集中して聴き、
「こんな体の弱い人も戦争に行かされたんだね」と、鋭い一言。

その報告に講師2人は、
「内容、分かったんだ。それにそんな感想、深く掴んだんだね」
と大喜びしました。

次の私の授業では、全体読みを受け、
「ひとつちょうだい」が口癖の娘が不憫で
父が高い高いをしてあげる所、その父の気持ちについてを問いました。

Yくんは、最初「遠いところを見せてやりたかった」を選び、
そのあと、「ひとつでも娘に楽しいことをしてやりたかった」に○。
タイトルとからめてよく読めていました。
「正解」、私は思わず叫ぶように大きく赤マルをつけました。
 
ちなみに、お父さんが高い高いをした所、「遠いところを見せてやりたかった」というのを、
Yくんは空間的にだけではなく、比喩的なもの、時間的未来と考え、
まずそれを選んだのかも。
だとするとそれも正解、むしろより文学的、Yくんの潜在力に思いをはせました。

                    

>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

うちわ片手に

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国立教室の清水です。

先日の授業のことです。
いつものように、元気にKくんがやってきました。
その日は右手にうちわを持っていたので、
授業の初めにうちわを置いてもらおうと思いました。

しかし、全く手放す気配がありません。
あの手この手でうちわを受け取ろうとしたのですが、
手放すまいと全力なのです。

そんなに大事なら取り上げてしまうのも不憫だな、ということで、
左手に持ち替えて授業を進めることにしました。
一つの作業が終わるごとに、うちわを眺めてニコニコっとしています。

それがなんだか微笑ましく、
また何が生徒さんの琴線に触れるのか分からないものだなぁと
興味深く感じました。

そして、授業でも色々な事物を試していくことの重要性を
改めて感じました。

                    

>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

好きなひらがな、漢字から

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国立教室の山口です。

「はなび ってどう書くの!」
「恐竜の漢字の書き方を教えて」と、
いずれも、ひらがなや漢字の学習をしている生徒さんの要望です。

夏の夜空高く放射状に広がる花火の絵を、リズムに合わせて描いたあと、
「はなび」の書き方に取り組んだKくん。

自宅で教科書を開くことはほとんどないのに、恐竜の図鑑をみるのは大好きで、
「恐竜、化石、肉食、草食」などの漢字の書き方に取り組んだYくん。

いつもは「嫌だ、書きたくない」などと、とにかく書くことは避けたがります。
そんな彼らも興味のある分野の言葉なので、
書き順にも気を付けて一字一字しっかりと書くことができました。

誰でも好きでやっていることは一生懸命になるので上達も速いものです。
まさに「好きこそ上手」。
彼らの率先した行動を配慮し、またそうした力が伸びるような教材を考慮しながら、
今後も学習を進めていきます。

                    

>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

新聞投書、書けたよ!

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国立教室の高松です。

小学生6年生のKくん、学校で新聞投書を書くことになったということですが、
「授業中、全然書けなかった…。」と浮かない顔をしていました。
そこで、一緒に考えてみることにしました。

まず、何をテーマにするか、アイディアを出し合います。
好きなもの、スポーツ、学校生活、家族、ニュース…

ニュースと出たところで、新国立競技場のことをKくんが話し始めました。
開閉式の屋根の建設や莫大なお金がかかることなど、
なかなか詳しく知っていたので、テーマに決定!

「僕は、開閉式の屋根には賛成。たくさんの人が集まると湿気がすごいし、
オリンピックが終わっても音楽のイベントで使えるから。」とKくん。
「すごくたくさんのお金がかかることについてはどう?」と尋ねると、
「まず、予算の見直しが必要だと思う。あとは、一時だけオリンピック税を作る。」と
自分なりの考えが次々と出てきます。

その後、教科書を参考に、
話題の提示、主張、理由、予想される反対意見に対する反論、まとめ、
と箇条書きで書いていきます。骨組みが出来たところで授業はタイムアップ。

次週、「投書書けたよ!」と教室に入ってきてすぐに報告してくれました。

自分の意見を書く難しさと、書きあげた達成感の両方を味わったKくん。
この二つをこれからもたくさん経験して、力を伸ばしていってほしいです。

                    

>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

切りたい!混ぜたい!

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国立教室の今村です。

小学2年生のYくん。夏休み中は午前中に夕方にと、
教室まで二往復して頑張っている日もあります。
元気いっぱいで取り組む午前中の2時間は、
通常の1か月分にも迫る勢いで学習が進みます。

授業中の講師との会話の中で発見がありました。
とにかくやる気満々のYくん。何をするのも自分でやりたくて、
「やりたい!」と要求します。

工作の時、ハサミで切るのも、のりで貼るのも、絵具を混ぜるのも、
絵具で少々汚れた机を拭くのも、パソコンを消すのもつけるのも・・・
講師の動きを見て、先回りして全て「やりたい!」と。

講師は、その都度、「そう、切りたいのね。Yくんに切ってもらいます。」
「混ぜたいのね。こぼさないように混ぜて下さい。」とさりげなく、
でも毎回、声をかけていました。

気付くとYくん、「やりたい。」では無く、
「切りたい。」「混ぜたい。」と具体的に伝えています。
パソコンについては「消していい?」「つける?」と
講師に確認してから動いています。

言葉の学習、コミュニケーションは、プリントで学習することだけでなく、
自然な、動作を伴うやり取りを繰り返す中で習得されていくものだと、
とても嬉しく実感しました。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

予定を立てる

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。所沢教室の榎戸です。

「今日、なに描くの。(工作)作るの」と講師の顔を見ると、
挨拶の前に問いかけていたS君。毎回ワクワク感いっぱいで来室です。
「こんにちは」と挨拶を促し、その日のスケジュールを伝えます。

そんなS君も中学生になりました。
「顔を合わせたらまず挨拶」の約束をし、
授業の最後に次週の予定を決めることにしました。
すると次の週「こんにちは。今日はカレンダー作るんだよね。」と
しっかりと挨拶が先に出来ました。

この先、予定に沿って自分で行動する場面が多くなっていきます。
一日の予定、週の予定、月の予定と自分のするべきことを把握する。
それはスムーズな行動へとつながる大切な要素の一つです。

そこで次の段階として、
来月の予定を月末に記入しファイルに綴じることにしました。
今では、待合室でファイルを出し、
今日の予定を確認しているS君のたのもしい姿があります。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

季節の花を描く

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。所沢教室の小山です。

Aくんは絵具で色を塗ることが大好きです。
席に着くなり、棚にある道具を指さし、リクエストします。
クレヨンの下書きにあった色を選んで塗っていきます。

アジサイの花、ヒマワリの花。
花、茎、葉と、絵の具で色を塗り分けることができました。

勢いが抑えられず、はみだしてしまったり、
色が混ざってしまうこともありますが、
講師が手をそえると、一緒に、ゆっくり丁寧に、塗ることができます。

ゆったりした音楽が好きなAくん。
音楽に合わせ、季節の花を描くことを楽しんでいます。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

過去ログ