記事一覧

足し算、同時に引き算も

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国分寺教室の荻野です。

小学2年生のSくんは三桁の足し算を勉強中。
計算問題をしっかり解き、答えを出すとそれぞれに
「この答えは1000まであと○○ だー」と
先日習った大きな数をしっかり覚えていて
同時に引き算もし始めました。

ただただ計算問題を解くだけではなく、
そこから自分で考えて勉強する。
その柔軟な発想力に感心してしまいました。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

小グループ学習

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。武蔵境教室の小泉です。

講師1人と生徒さん2~3名で授業を行う算数・数学コース。
1対1の空間とはまた異なる、よい緊張感をもって授業が進んでいきます。

年下の生徒さんの姿勢が気になって、
「足は真直ぐにして座った方がいいよ」と注意する年上の生徒さん。

いざ学習を始めると、2人とも隣を気にせず、集中して問題を解いていきます。
おかげで一方にわからないところの説明を行っていても、
他方は順調に課題に取り組んでいます。

授業の中ほどに、
ブレイクとして算数の課題を取り入れた工作をはさんでみました。

図形の名称を既習の生徒さんには、
「これはなんという形ですか?」
「二等辺三角形。」
「そう、ただの二等辺三角形でなく?」(直角を指示しながら)
「直角二等辺三角形!」
というように、復習もかねて楽しく進めていきます。

個別学習と小グループ学習、
それぞれの良さを生かして授業を行っていきたいと思っています。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

やる気満々なんっす

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。秋津教室の丸山です。

今年サポート校に入学したRくん。
支援級ではほとんど教科学習がなかったので、
今一生懸命に教科学習に取り組んでいます。

入学してまず、得意な数学を伸ばすことを中心に学習してきました。
数学の習熟度クラスでは今回のテストが良かったので、
1番のクラスになりました。

理科のテスト対策をしていたときのことです。
「細胞壁」「ストロマ」「グラナ」「チラコイド」
…次々と書き込んでいきます。
「学校」という漢字が書けるようになるまで3週間かかったのに、
いつの間に「細胞壁」なんて書けるようになったのだろう。
「ストロマ」なんてどうやって覚えたのだろう。

講師が驚いていると、
「驚かないでくださいよ。オレは数学がけっこうできるから、
英語や漢字ができないなんて、
だれも信じないんですよ。こうなったらオレ、がんばりますよ。
自分でできる丸暗記は自分でやってますよ。
暗記で対応できない数学を、先生が教えてくれればいいんですよ。
おれ、やる気満々なんっす」。

得意な科目でつけた自信が、予想以上に他教科への原動力になっていました。
アルファベットから始めた英語については、
「もう全然だめ。オレ、0点とる気満々です」と言っていましたが、
今なら、英語にもじっくり取り組めそうです。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

まだこんなに明るいよ!

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。東中野教室の田川です。

少し前のことになりますが、6月22日の夕方、
F君と「夏至」についての学習をしました。

きれいなカラー刷りの文字とかわいいイラスト入りの教材です。
ちょうどその日が夏至当日だったため、問題文を読みながら会話が弾みました。

「一年で一番『日の入り』が遅いって本当だね。
 7時近いのに、まだこんなに明るいよ!」とF君。
「早起きして、一年で一番早い日の出を見ればよかった」と講師。

読解問題の解答を考えたり、漢字の読み書きに真剣に取り組みながら、
F君はとても楽しそうに見えました。

「もうすぐ『日の入り』の時刻だね。」と
元気いっぱいに帰っていったF君。

F君との楽しい授業のあとで、
今年の夏至の日の入りは、しっかり見届けました。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

苦手意識が自信へ

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。東中野教室の北本です。

Elephas絵画展が開催されました。
皆さんそれぞれの思いの丈を表現していました。

入会当時は、工作や絵が苦手という生徒さんも多くいらっしゃいますが、
一緒に授業を進めていくうちに、表現することの自信や喜びが拡がり、
楽しみ、グングン成長し、表情も豊かになってきています。

誰かに褒めて欲しい、認めてもらいたいという思いが現れ、
溢れていきます。
自分の中で、ジャッジし決めつけていた自信のなさが、
認められることによって少しずつ消えていきます。

「先生、どうだった? みんな褒めてくれた? 誰のが一番いいって言ってた?」
みんな矢継ぎ早に質問してきます。
「来年は、あんな絵が描きたいなぁー」「先生、あの絵の描き方教えて 」

みんな素敵な作品です。
目標も自分で立てて、次の計画までも…。
その成長と笑顔を隣で見ることができて、とても幸せです。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

自分の頭で

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国立教室の渡邉です。

新たに担当することになった小4のTくん、おとなしい生徒さんとのこと。
授業が始まった時は、硬い表情のままでした、
課題には取り組んでいましたが……。
 
割り算の暗算に入った時のことです。
例えば、75÷5。50と25に分け、各々、5で割って、10+5=15。
学校ではわからなかったというお母さまからの伝言で取り組みました。

一題考え方を示した後、「自分の頭を使って考えてごらん」と
何気なく声をかけると、Tくん、俄然やる気になったのです。

「自分で考えるの好きなんだ。すごいね」。
心底驚くと、ふくよかな頬が笑みで赤くぷっくり盛り上がり、
さらにやる気を出して全問正解。

生徒さんの実際に即して褒めること、大切ですね。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

「な~に大丈夫」

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国立教室の山口です。

高校生のYくんは先日、教室に入るなり
「あの~これ(見て)・・・」と、プリント2枚を手渡しました。
そこにはインターンシップ・プログラムに関する事項が記載されていました。

彼は、高齢者の福祉施設業務に従事することに若干不安な様子です。
「仕事はきついのかなぁ、大丈夫かなぁ、どんな人たちと一緒に
業務をするのかなぁ」などと少し小声でその不安を話してくれました。

「だれでも最初は不安なものだけど楽しみだね。これまで学習してきたことを
施設の方々の話をよく聞いて行えば、な~に大丈夫、頑張って!」と激励したところ、
「うん、不安もあるけど楽しみなので、頑張ってみる」と彼は、
就労に対する期待感にニコッとしました。

彼の笑顔を見て、「社会とのかかわり」を考慮した学習指導は、
とても大切なものであると感じました。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

ついには音楽室の絵に

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国立教室の清水です。

高校生のTくんとの授業のことです。
ピアノの絵を描くことになり、まずピアノを描きました。
上手にできていたので、
Tくんがよしと言えばこれで完成でもいいと思いました。

ところがTくんはそこで止めず、そのまま窓を描き、カーテン、
窓の外の景色、フローリング、壁と次々と描き足していき、
ついには音楽室の絵になっていました。

聞けば自分の学校の音楽室をイメージして描いていたそうです。

忘れかけていた学校の音楽室を思い出し懐かしく感じたとともに、
一つの題材から絵が広がっていく過程が面白いなと感じました。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

Hちゃん、お話を作る

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国立教室の高松です。

Hちゃんは、最近、自分でお話を作るようになりました。

海の絵を描いた時は、海や魚のお話。
トイレの歌がブームの時は、トイレのお話。
家の絵を描いた時は、おうちのお話。

講師がパソコンで入力し、お話にあった絵を選んで印刷すると、
とてもうれしそうです。

先日は、少し不思議なお話になりました。

"どんなおと?
つくえから うみの おと。ちゃぽん。
どあから しゃわーの おと。じゃーじゃー。
いすから たたく おと。とんとんとん。
まうすから おとが する。 かちかちかち。"

ドアに耳をつけた時、
髪の毛が動く音がシャワーの音に聞こえたのでしょうか?
イスに耳をつけた時、
足が当たってノックのような音が聞こえたのでしょうか?

そこからまたお話が始まりそうなファンタジーのようだと思いました。

事実や順番を書く辻褄のあったお話も素晴らしいですが、
Hちゃんの感性が活かされたお話を聞くのもとても楽しみです。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

父の日

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国立教室の今村です。

6月21日の日曜日は父の日でした。
教室ではカップの側面を思い思いにデザインする工作をして、
お父さんへのプレゼントを用意しました。

お手紙を書いてあじさいのイラストを添えたMちゃん。
お父さんの顔、イルカ、馬・・・お父さんに贈りたい絵を自分で決めて、
生徒さん皆、真剣に取り組んでいました。

歌を聞いて、歌って、「ありがとう」の練習もしました。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

過去ログ