記事一覧

声を出せば出すほど

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。所沢教室の榎戸です。

F君は今、声を出すことを、とても楽しんでいます。
あいうえおの歌。モニター画面をじっと見ながら聞いています。
その後50音表を出すと、人差し指で指しながら、
一文字ずつ発声していきます。

数を数える時も同様に、指さしをしながら声を出します。
動物の鳴き声の模倣は、カードを自分で繰りながら行います

リズム造形で
短い線は「すい」、長い線は「すーい」と区別して発声することが
出来るようになった時、
動作に言語を付けることの意味と楽しさを理解した様子です。

声を出せば出すほど、音の区別が出来てきています。
名前も一音ずつ発声しますが、
最後の音は、はっきりと聞き取れるようになりました。

授業中、どの課題にも、積極的に取り組み、笑顔が絶えません。
講師もお母さまも、思わず拍手をしてしまう場面が何度もあります。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

T君の出品作

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。所沢教室の小山です。


先日の絵画展、T君はサファリパークの絵を出展することにしました。
ゴールデンウィークに、御家族とサファリパークに行って来たT君。
車の中から間近で見た動物達は、迫力があって、印象深かったに違いないと思い、
相談の上、そう決めたのです。

ハサミが得意なので、背景を先に描き、
白のワゴン車ときりんの絵を別の画用紙に描いてハサミで切り取り、
貼り絵にしました。

終始、集中して取り組むことが出来た、楽しく、充実した時間でした。
出来上がった作品も、T君の思いのこもった、素敵なものになったと思います。
絵画展で、多くの人に見ていただけて、
講師としても嬉しい気持ちでいっぱいになりました。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

ごあいさつ

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。所沢教室の多和田です。

教室のドアを開けると直ぐに
「こんにちはー!」と元気な声で挨拶をする生徒さんがいます。
学校でも先生やお友達に元気な声で挨拶している姿が目に浮かびます。

講師の「こんにちは!」の声を聞いて、顔を見てから
「こんにちは。」と少しはずかしげに挨拶をする生徒さんもいます。
「今日は眠い~」という日もありますが、
学校のことなどを色々話しているうちに、眠さを忘れて授業に向います。

授業の日に生徒さんたちがどんな声で挨拶をし、
どんな話をしてくれるのか、毎回会えるのを楽しみにしています。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

式を立てる

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。所沢教室の増原です。

文章題に取り組む時は、
゛ぜんぶで゛゛のこりは゛などのキーワードに印しをつけてから
立式をしていますが、
講師と一緒にやっている時は出来ていても
一人でやると正しくない式を立ててしまうことがあります。

そのような時は、ただ同じやり方を繰り返すのではなく、
あらかじめパソコンで問題に合ったパーツを作成しておき、
実際に合わせたり減らしたりして確かめながら取り組みます。

また、生徒さんによっては
「ケーキという言葉を使って足し算の問題を作りましょう。」というように
文章題を作る課題に変えることもあります。

キーワードを意識して問題が作れるようになったら、
講師が生徒になって解いてみます。
「〇〇先生、丸つけをお願いします」と言うと
ちょっぴり誇らしげな顔で丸をつけてくれます。

×だった時の解説ができるようになれば完璧です。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

先週突然

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。相模原教室の安倍です。

この春、小学校に入学したYくん。

「あいうえおの歌」「数唱の歌」などが大好きです。
歌うことはありませんが、毎週、パソコン画面をじっと見つめながら
聞き入っていました。

そんなYくんが、先週突然「あいうえお表」を指さし、
一文字ずつ「あ い う え お か き く け こ」と
言い始めました。

そしてなんと、最後の「わ を ん」までゆっくり丁寧に読んだのです。
頭の中に、ずっとずっとためてきたものが、
一度にあふれ出た瞬間でした。

Yくんは、ゆっくり時間をかけて、自分なりに習得していたのですね。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

小学生になって、3か月

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます、相模原教室の北村です。

新学期から はや3か月がたとうとしています。
1年生になったYくんも、元気に小学校に通っています。

最近みるみるうちにしっかりして、自信がついてきた印象です。
先日開催された絵画展では、2回目の出品ということもあり、
積極的に筆が動きました。

出来上がった絵をお母さんに見せたくて、お迎えを待ち構えている様子は、
講師としても嬉しいものでした。

出来ることが増えて自信がついた顔は、とても輝いています。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

かにてんてん

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。相模原教室の彌田です。

50音や濁音を読んだり書いたりできるのに、
「が」の字だけ、うまく書けない生徒さんがいらっしゃいます。
助詞の中でも、「が」は大事な助詞です。

他の濁音は2つの点をつけて書くことができるのに、
どうして「が」だけ、少し苦手なのかが、疑問でした。

先日、講師セミナーでその事を報告すると、他の講師から、
「か」という字には、すでに斜めの線があるから分かりにくい
のではないかという意見が出ました。

そこで濁点だけ色を変えて書いてみたり、
長短の線の組み合わせを練習したりし、
「か」と「が」の違いに取り組んでいます。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

個性ある作品の数々

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。相模原教室の小口です。

6月6日、7日、第2回絵画展が開催されました。
生徒さんの素晴らしい作品を見ることができ、大変感動いたしました。

同じ種類の動物、昆虫、人物、建物、花、車、電車等々にも
それぞれの形、大きさ、方向、色・・・によって、様々な表情があります。
表現の違う、大変個性のある楽しい作品の数々に触れることができました。
一生懸命がんばって描いてる生徒さまの姿が浮かび、胸が熱くなっていました。

作品を見て、改めて気づいたこと、新しいことを発見したこと。
参考にしたい作品をたくさん見ることができ、大変勉強になりました。
講師にとっても、とても有意義で素晴らしい展覧会でした。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

はじめての漢字

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。津田沼教室の渡辺です。

小学3年生のSくんは、入会された半年前と比べると格段に学ぶ力をつけ、
毎回生き生きと教室に入ってくる姿が印象的な男の子です。

最近では音読を欠かさず家庭学習にも取り入れていただき、
ひらがなはほぼ完璧に読めるようになりました。

ある学習日のこと。
用意した音読用プリントに「日」という漢字が書かれていました。
そこで深く考え込んだSくん。
「この字はね、漢字といって、お兄さんしか勉強しない字なのよ。」と話をすると
とても嬉しそうに何度も読み返す姿が。

そして、お母さまからも
「あれから漢字を見つけては読み方を尋ねてくるんですよ」
というお話があり、とても嬉しく感じました。

学習に限らず、何事にも意欲があれば、
多少難しいものにトライするのも興味を拡げていく上で必要なことなのですね。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

話す時間を

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。津田沼教室の酒巻です。

日々の授業は
「こんにちは。よろしくお願いします」という挨拶から始まります。
すぐさま課題に入るのではなく、
その日学校であったことや給食のメニュー、先週末はどんなことをしたのかなど、
生徒さんが自分の言葉で話す時間を作るようにしています。

学校で何が楽しかったのか、給食は何が美味しかったのかなどと簡単な質問をしますが、
「う〜ん、え〜と〜」と首を傾げて思い出すことが難しい生徒さんがいたり、
単語のみ答えてこちらが「それでどうしたの?」「それは楽しかったの?」など、
誘導すると答えられる生徒さんがいたり…。

Kくんはこれまで質問に対し単語だけで答えていましたが、
そういったコミュニケーションに慣れてきた様子で、
最近ではこちらから質問する前に
「昨日はね、休み時間にドッジボールした。暑かったぁ」とか
「日曜日に電車で東京行ったよ」などと、自分のことを表現したい一心で、
とても良い表情で話してくれるようになりました。

「また色々聞くから教えてね」と話すと、
自分の行動に目を向け、少しずつですがどのように話したらいいのかと
いうことを考えながら行動するようになるのかなと思いました。
そして継続の大切さも感じました。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

過去ログ