記事一覧

成長の花が

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。津田沼教室の堀です。

ほんの少し前、名前を聞かれた時に、
教室の自己紹介の歌の節をつけて答えていたKくん。
この4月 、小学生になりました。

先日、地域の小中学校支援級合同レクリエーションの際に、
大勢の前で一人ずつ名前を言っていく機会があったそうです。

Kくんはマイクを持ってしっかりと「◯◯◯◯(名前)…です!」と
力強く言うことができましたと、
お母さまが嬉しそうに当日のビデオを見せてくださいました。

数ヶ月前から 、名前の歌の後に「お名前は?」とたずね
「◯◯です。」と答える練習をしていたKくん。
その成果が発揮出来て本当に嬉しく思います。

少しずつの積み重ねがいざという時の力となり、
そして出来たことが自信に繋がる。
また、Kくんの成長の花が一つ咲いたように思います。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

美術部に入りたい

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。津田沼教室の織戸です。

6月6日に開催された第2回エレファース絵画展に向けて、
みなさん、とても頑張りました。
題材選び、構成、作品の製作・・・
生徒様によって工程は異なりますが、素敵な作品がたくさん出来上がりました。

今回の製作にあたって特に印象的だったのは、中学校3年生のTさんです。
まず、Tさんに何を描きたいかを聞いてみました。
すぐに「桜」との返答がきました。 なぜかと質問してみると、
「エレファースで作った桜がかわいかったから」
4月に取り組んだ工作を楽しめた様子が伺えてうれしかったです。

次に絵の構成を考えます。
いくつかの画像の中から、気に入ったものを選びました。
そして、今まではクレヨンで描いていた絵の輪郭を
今回は鉛筆で描きました。

画像を見ながら、色を選びました。
今までのTさんの画風とは違う作品に仕上がり、本人も親御さまもお喜びでした。

エレファースに通われてから、たくさんの絵を描いているTさんですが、
『好みの画像を選び講師に伝えるという意思の伝達、
そこから好奇心を高め見比べることを意識する、いろいろな道具を使う…』
大きな成長を感じるきっかけとなりました。

作品が出来上がった後のうれしいひとことが
「高校生になったら、美術部に入りたい」。
理由は「絵を描くことが楽しいから」。
講師にとって、嬉しく、励みとなる大きなひとことでした。

>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

Sくん先生

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。越谷教室の中村です。
Sくんは小学3年生。くり下がりの筆算を学習中です。

先日の授業で
「今日はSくんが先生になって、くり下がりの引き算教えてくれない?」
と提案してみました。すると

「くりさがりは苦手だけど、僕やりたいです。」と元気に答えました。
ホワイトボードに向かい、暫くしてSくんが自分で考えた、
第一問の板書を書き終えました。
講師も驚く程の正確な説明ができました。

「それでは、Sくん先生。第2問は確かめ算ですね」
「Sくん先生、第1問は上手に書けたから、
 写真に撮ってお母さんに見てもらいましょう。」と言うとSくんは
「じゃ、第2問はもっと分かりやすいように書くね。」とペースがあがり、
ペンをとって集中します。

授業の終わりに撮影した板書を見直してSくん自身も
「上手に書けた!」と満足そうでした。

人に教えることで、より理解が深まり定着していきます。
Sくんも、満足そうなお顔です。
来週は、どんな授業にしようかな。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

「鍵。開ける。」

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。越谷教室の佐々木です。

ある日、
お母さまに妹さんの部屋から洗濯物を持ってくるように頼まれたMくん。
ところが、なかなか戻ってきません。

しばらくすると「鍵。開ける。」と一言。

実は、妹さんは部屋の鍵をかけて寝てしまっていたそうです。
中に入れずに、洗濯物を持ち出せないMくんは、
「鍵。開ける。」という言葉で、
状況を説明出来たのです。素晴らしいです。

次はどんな言葉がMくんから飛び出すか楽しみです。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

突然のことにも

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。越谷教室の西です。

いつもM君は、お母様が運転なさる車で教室にいらっしゃいます。

先日、エレファースの学習日と学校のご用事が重なり、
初めてお一人で来ることになりました。
お留守番から家の鍵を閉め、お一人で電車に乗って、
きちんと時間通りに来室されたM君の笑顔は、誇らしげにも見えました。

そのあと、またお一人で教室に来ることになった日。
あいにくトラブルで電車が遅れ、
決めていた時刻の電車に乗れない、という事態になった時も、
落ち着いて電車が動き始めるのを駅で待ちました。

突然のことにも、冷静に行動ができたM君に大きな成長を感じ、
嬉しく思いました。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

いよいよ、絵画展

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。越谷教室の御供です。

いよいよ今週末に、エレファース絵画展が開催されます。
クレヨンで、絵の具で、色鉛筆で。
はり絵に挑戦した方もいます。

去年に続き、色鉛筆で作品を仕上げたM君。
限りある色鉛筆も、重ね塗りで自分のイメージの色を作り出していきました。
塗り方にも強弱がついています。

気球を描いたY君。以前、授業では気球だけを描いていましたが、
今回は家族3人が楽しそうに乗っています。

かっこいいクレーン車が描きたくて、
リズム造形の長4かくをたくさん練習したIくん。

Tくんの副都心線の絵には、窓から車内の人の後頭部も見えます。

まだまだたくさんご紹介したいところですが・・・、
どなたも思いきり楽しんで、作品を仕上げていきました。
どうぞご都合に合わせて、作品をご覧にお越しください。
お待ちしております。

>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

宿題、サクサクと

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。秋津教室の田川です。

宿題を準備する時、いつも考えます。
「授業で学習したことをお家でもう一度復習して、定着できるように…」。

ついついあれもこれもと力が入って、
どんどんやれる生徒さんには、枚数が増えてしまうことも…。

「宿題に取り組んでいる様子はどうですか?少し量が多くなりましたが…」
とお母様にお尋ねすると、
「大丈夫です。がんばってます。」と笑顔で言ってくださいます。

ご本人の様子、調子を見ながら宿題を出していますが
この時期は、気候の変化や運動会の練習疲れなどで体調を崩しがちです。
生徒さんの負担にならないように、
ポイントを絞ったちょうどよい量の宿題の用意を心がけています。

サクサクと、「わかるわかる、あぁやった、これもやった」と
思い出しつつ解けるように願いながら、用意しています。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

気持ちを読み取る

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国分寺教室の矢崎です。

作文の練習の中で、課題作文に苦戦する生徒さんがいらっしゃいます。
たとえば、「インフルエンザのときにどうしますか」という課題が出た場合、
「インフルエンザで学校を休んだことがないので書けません」と答えた生徒さん。

講師は最初それを、『実際に経験していないことは書けない』と
いう意味なのかと思いました。そして経験していないことを書くには
どうすれば良いだろうかと考えました。

でも次の瞬間、書きにくい本当の理由は
「学校を休むことは良くないこと」という思いが生徒さんの背後にあるために、
ちょっと怒られているような気がして、
「私は休んだことはないですよ」と言いたくて、
書けなくなっているのかもしれないと気づきました。

これが「一人でいるときに地震がおきたらどうしますか」や
「友達と遊びに行くときには」というような質問であれば、
簡単に想像の翼を広げられるのかもしれません。

そうだとすると、質問の向こう側に、
「学校を休むのはいけないこと」というメッセージを感じ取っている生徒さんは、
感受性が豊かでまじめな性格といえそうです。
そして、もしそうだとしたら、
まずその気持ちを受け止めることが大切なことなのかもしれない、
と思いました。


>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

挨拶、あったかい気持ちに

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。八王子教室の井坂です。

教室に通うのに、電車でいらっしゃる生徒さんが、
たくさんおられます。

生徒さんも付き添いの親御さんも、お忙しい中
授業を楽しみに、遠くから足を運んでくださるのは、
本当に嬉しいことだと感じています。

授業が終わると、ドアのところまでお送りしています。
そのとき、生徒さんの表情がはずんでいて、
目をばっちり合わせて挨拶してくれると、
とても嬉しくなります。

いい時間を過ごせたのかなと、
あったかい気持ちが胸に残ります。

毎回、毎回、そんな「さようなら」ができるように
努めていきたいです。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

心も成長

・・・・Elephasブログ・・・・・

このブログでは、発達支援教室Elephas(エレファース)での
日々のふとした出来事や気づきを記述しています。
ひとりひとりの生徒さんの学びと成長の姿を共有し、
親御さんと共に療育についてゆったり楽しく考えていきたいと思います。
※ここでは親御さんの了承をいただいた記述をお伝えしています※


おはようございます。国分寺教室の植野です。

Kくんは、中学三年生の男の子。とても穏やかで、
柔軟にアドバイスを受け入れる、素直な生徒さんです。
学習もよくできるので、いつもプリントは丸でいっぱいなのですが、
この日は珍しく空欄がいくつか…。

少し難しかったかな。
講師が声を掛けようとしたその時、
「先生!ぼくことわざ苦手なので、
家で答えを調べて、勉強してきてもいいですか」と。

きっぱりと言った力強さに、頼もしさも感じましたし、
わからないところを調べて勉強したいという積極性、自主性が
本当に素晴らしいと思いました。

学力と共に、心もしっかりと成長していることを実感でき、
本当に嬉しかったです。



>>発達支援教室Elephas(エレファース)
http://www.zoukei-rythmique.jp

過去ログ